IZU HACK > 自然・絶景 > 【2021年紅葉情報】伊豆ならまだ間に合う!人気の名所から穴場まで紅葉11選

【2021年紅葉情報】伊豆ならまだ間に合う!人気の名所から穴場まで紅葉11選

2021/11/18 更新

修善寺周辺をはじめ、歴史建築物との紅葉の美しいコントラストが楽しめる伊豆の紅葉。温暖な気候のため12月も紅葉がまだ楽しめる場所も?!今回はメジャーな紅葉名所から、穴場のスポットまで一挙にご紹介!週末は伊豆で紅葉を楽しみませんか?

アイキャッチ出典画像:PIXTA

伊豆で「紅葉」と「温泉」をたのしむ

修善寺 紅葉

出典:PIXTA(修善寺 虹の郷)

海に囲まれており、海水浴など夏の観光地というイメージが強い伊豆。

しかし半島の大部分を「山」が占めているため、実は紅葉名所がたくさんあります!

 

山の紅葉だけでなく、温泉地、寺社仏閣、湖、渓谷、鉄道など、さまざまな場所で紅葉を楽しめます。

紅葉の見ごろは?

伊豆 紅葉

出典:写真AC Hiro1960さん(修善寺温泉)

地域やその年の天候によって見ごろのズレはありますが、伊豆の紅葉は例年11月中旬~12月上旬になります。

伊豆半島の気候は温暖なため、色づきが本州よりやや遅め。「日本一遅い紅葉」で知られるスポットがあるくらいです。

 

それではさっそく、伊豆半島の紅葉スポットを紹介します!

① 修善寺温泉【11月中旬~12月上旬】

修善寺温泉街

修善寺 紅葉 橋

出典:PIXTA(修善寺温泉)

伊豆の小京都と呼ばれる「修善寺温泉(しゅぜんじおんせん)」。

伊豆半島最古の温泉地であり、夏目漱石など文豪らが通った場所としても知られています。

 

弘法大師空海により開山された「修禅寺」をはじめ、京都の嵐山を連想させるような「竹林の小怪」、温泉街を流れる桂川にかかった「桂橋」など、歴史を感じられる情緒豊かな景観が広がっています。

 

【修善寺温泉街の基本情報】

アクセス:
伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−バス「修善寺温泉」行き乗車−終点「修善寺温泉」バス停下車

修善寺 自然公園もみじ林

伊豆の紅葉スポット自然公園

出典:PIXTA

1万平方メートルの敷地に、様々な種類のモミジやカエデが生育している自然公園です。

公園自体はさほど広くはなく、30分もあれば回れるほどです。園内にある「富士見台」からは、天気が良い日には富士山を望めることもあるといいます。

 

紅葉シーズン中には「もみじ祭り」が開催され、イベントなどが開催されます。

 

【修善寺 自然公園もみじ林の基本情報】

住所:静岡県伊豆市修善寺3690
駐車場:あり(300円)
アクセス:

伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−東海バス「梅林口」もしくは「もみじ林前」バス停下車

修善寺 虹の郷

伊豆の紅葉と夜

出典:PIXTA

先ほど紹介した自然公園の先にあるのが「虹の郷」です。和・洋風合わせておよそ2,000本の紅葉めぐりを楽しめるほか、伊豆の紅葉名所では珍しいライトアップも必見!

 

2021年のもみじライトアップは、11月13日(土)~12月5日(日)で期間中無休となっています

11月3日(土)には「スカイラタンイベント」、そして11月20日(土)、27日(土)には秋の打ち上げ花火も開催されます。

 

紅葉のほかにも、SL機関車がみられる「ロムニー鉄道」、和風情緒が感じられる「日本庭園・匠の村」、四季の草花が咲き誇る「フェアリーガーデン」など、見どころ満載の観光スポットです。

 

【修善寺 虹の郷の基本情報】

住所:静岡県伊豆市修善寺4279-3
駐車場:あり
夜間開園時間:16:00~21:00
夜間入園料:大人910円、小人500円(花火開催時などイベント時は異なります)
アクセス:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−東海バス「虹の郷」行き乗車−「虹の郷」バス停下車


修善寺 虹の郷|公式サイト

 

■修善寺温泉で1泊しよう!

源泉かけ流し風呂や、露天風呂付き客室、無料の貸切風呂など、お風呂が充実している旅館やホテルが多くあります。ぜひチェックしてみてくださいね!

「楽天トラベル」で、宿をさがす「Yahoo!トラベル」で、宿をさがす「じゃらん」で、宿をさがす

② 昭和の森会館【11月上旬~11月下旬】

昭和の森会館

出典:PIXTA

「昭和の森会館(しょうわのもりかいかん)」は、道の駅「天城越え」内にある施設です。隣接する庭園にはもみじ林が広がります。

2021年は「紅葉狩り」が開催され、出会橋あたりがライトアップされます。

道の駅から徒歩15分ほどで紅葉の名所でもある「滑沢渓谷」に行くことができるので、ぜひセットで訪れてみたいところ。

 

【昭和の森会館の基本情報】

住所:静岡県伊豆市湯ヶ島892-6
駐車場:あり
ライトアップ期間:2021年11月13日(土)〜28日(日)
ライトアップ時間:16:30〜21:00
アクセス:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−「下田・河津行き」バス乗車−「昭和の森会館」バス停下車


昭和の森会館|公式サイト

③ 滑沢渓谷【11月中旬~12月上旬】

滑沢渓谷 紅葉

出典:PIXTA

狩野川の支流に広がる「滑沢渓(なめさわけいこく)」。全長500メートルという伊豆最大の安山岩の一枚岩の上を清流が流れる、自然美が美しいスポットです。

 

渓谷沿いには遊歩道が整備されていますが、渓流の岩場は水に濡れて滑りやすいため注意が必要。

渓谷だけでなく、天然記念物である「天城の太郎杉」も必見です。

 

【滑沢渓谷の基本情報】

住所:静岡県伊豆市湯ケ島
駐車場:あり
アクセス:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−東海バス「河津駅」行き乗車−「滑沢渓谷」バス停下車、徒歩5分

④ 一碧湖【11月下旬~12月上旬】

@_shi_ge_ki_がシェアした投稿

提供:Instagram_shi_ge_ki_

伊東市の南側に位置する「一碧湖(いっぺきこ)」は、”伊豆の瞳”とも称される美しい火口湖。

一周4キロ程なので、30分~50分くらいで湖を周遊することができます。

 

他の観光地と比べるとひっそりとした雰囲気で、訪れる人もそれほど多くはないよう。静かに紅葉を眺めたい方にはオススメのスポットです。

 

【一碧湖の基本情報】

住所: 静岡県伊東市吉田815−360
駐車場:あり(無料)
アクセス:JR伊東線・伊豆急「伊東」駅−バス「シャボテン公園」行き乗車−「一碧湖」バス停下車

⑤ 青埴神社【11月下旬~12月中旬】

提供:Instagram setsugetsufu_ka

下田街道から龍爪神社(りゅうそじんじゃ)の細い山道を登ると、「青埴神社(あおはにじんじゃ)」の境内に入ります。

 

見どころは、県の天然記念物「シダレイロハカエデ」。推定樹齢はおよそ140~180年。シダレイロハカエデの枝垂れの長さは7~8mほどあり、まるで紅葉の滝のようです。

 

【青埴神社の基本情報】

住所: 静岡県伊豆市青羽根
駐車場:なし
アクセス:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−バス「湯ヶ島」行き乗車−「JA狩野支店」バス停下車、徒歩4分

⑥ 河津七滝【11月下旬~12月上旬】

伊豆の紅葉と滝

出典:PIXTA

伊豆屈指の観光名所である「河津七滝(かわづななだる)」は、河津川沿いの約2キロメートルに点在する大小7つの滝の総称。その中でも『踊り子と私』の像が立つ「初景滝」は絶好のフォトスポットです。

 

紅葉シーズン中の11月20日(土)〜12月10日(金)には「伊豆天城路河津秋まつり」が開催。七福神めぐりスタンプウォークラリーも行われています。周辺には温泉宿もあるので、1泊して楽しむのがおすすめです。

 

【河津七滝の基本情報】

住所:静岡県賀茂郡河津町梨本
アクセス:伊豆急河津」駅−バス「河津七滝・修善寺」行き乗車−「河津七滝」バス停下車


河津七滝|公式サイト

 

⑦ 八丁池【10月中旬~11月上旬】

提供:Instagram kinako_noko425

標高1173mにあり、”天城の瞳”とも呼ばれる「八丁池(はっちょういけ)」。周辺にはブナの森が広がっており特別保護区に指定されている他、天然記念物モリアオガエルの産卵地としても知られています。

 

バス停の「八丁池口」から八丁池までは徒歩で約75分のハイキングコースになっているので、スニーカーやトレッキングシューズで行くのがおすすめ。また八丁池からおよそ2時間半で「旧天城トンネル」を目指せるコースもあるので、余力がある方は挑戦してみては?

 

【八丁池の基本情報】

住所:静岡県伊豆市湯ケ島
アクセス:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅もしくは伊豆急「河津」駅−東海バス「天城の瞳 八丁池」行き乗車−「八丁池口」バス停下車


伊豆市観光情報サイト|八丁池

⑧ 益山寺【11月下旬~12月中旬】

miracle7さん(@eagle.7)がシェアした投稿

提供:Instagram eagle.7

標高300メートルの益山(ましやまでら)にひっそりと建つお寺です。その境内にあるカエデの木が見どころで、樹齢およそ900年の県最大の大木でもあります。

 

カエデの周辺には123体にもおよぶ観音石仏像が安置されており、厳かな雰囲気が漂うスポットです。

 

【益山寺の基本情報】

住所:静岡県伊豆市堀切760
アクセス:伊豆箱根鉄道「道大仁」駅−タクシーで約20分もしくは東海バス「堀切新田」バス停下車、徒歩60~75分


伊豆市観光情報サイト|益山寺

⑨ 旧天城トンネル【10月下旬~12月上旬】

伊豆の紅葉と天城トンネル

出典:写真AC

国の重要文化財にも指定されている、旧天城トンネル(正式名称:天城山隧道)。川端康成の『伊豆の踊子』の舞台として有名ですよね。

 

周辺には、カエデやケヤキが生い茂り、色鮮やかな紅葉と歴史情緒のあるトンネルとのコントラストが絶妙です。

 

【旧天城トンネルの基本情報】

住所:静岡県伊豆市湯ヶ島
アクセス:伊豆箱根鉄道「修善寺」駅−東海バス「河津」行き乗車−「水生地下」バス停下車、徒歩約30分(トンネルまで)


伊豆市観光情報サイト|旧天城トンネル

 

➉ 熱海梅園【11月中旬~12月上旬】

伊豆の紅葉と橋

出典:PIXTA

東伊豆最大級の紅葉名所で知られている「熱海梅園(あたみばいえん)」。梅が日本一早く咲くことで知られていますが、逆に紅葉は日本一遅く色づくと言われています。園内にはカエデ類がおよそ380本あり、色鮮やかな紅葉を鑑賞することができます。

 

2021年11月13日(土)~12月5日(日)には「熱海梅園もみじまつり」が開催されます。

期間中は足湯スポットが出現したり、夜間はライトアップ、フォトコンテストが行われるなど多くの観光客で賑わうスポットです。

 

【熱海梅園の基本情報】

住所:熱海市梅園町8-11
駐車場:あり(300円)
ライトアップ期間:2021年11月13日(土)~12月5日(日)
ライトアップ時間:16:30~21:00
アクセス:JR伊東線「来宮」駅から徒歩10分


あたみニュース|熱海梅園

 

⑪稲取細野高原のすすき野原【10月中旬~11月初旬】

稲取細野高原秋のすすき(10~11月)

紅葉といえばモミジやカエデの「赤」ですが、すすきの紅葉もいかがでしょうか?

 

伊豆急「伊豆稲取駅」から車で15分ほどの場所にある、稲取細野高原(いなとりほそのこうげん)。相模湾を見下す山間にあり、東京ドーム26個分の広さを誇るすすき野原が広がっています。

 

夕日に染まったススキ野原は、まるで「黄金」の海のように輝きます。シーズン中は「秋のすすきイベント」を開催。2021年は10月8日(金)~11月5日(金)まで

【稲取細野高原の基本情報】

住所:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取細野高原
入山料:大人500円
アクセス:『伊豆稲取駅』前から「稲取細野高原行き」の路線バス、またはタクシー利用


東伊豆町|稲取細野高原のすすきイベント

 

■紅葉と一緒に観光もたのしもう!

世界ジオパークに認定された伊豆半島は、その成り立ちから本州とは少し違う独特な景観を生み出し、いわゆる絶景スポットが多く点在する地域です。

ガイドブックは押さえておくべき名所がまとまっており、はじめての旅には便利です。

ITEM
るるぶ伊豆 ’22 (るるぶ情報版地域)
発行年月:2021年02月16日
ページ数:192p

伊豆の紅葉は11月中旬~12月上旬が狙い目!

雄大な自然と、歴史建築物のコントラストが美しい伊豆の紅葉。都心からのアクセスも、週末の小旅行にピッタリ。

 

紅葉シーズン中の休日は、修善寺周辺など有名な観光スポットを中心に混雑が予想されます。平日や、伊豆のなかでもアクセスが不便な紅葉スポットにあえて足を運んでみるのも手ですね。

伊豆は温泉宿も豊富!

伊豆の紅葉と温泉

出典:写真AC

また紅葉と一緒に楽しんでいただきたいのが、”温泉”です。有名な熱海温泉や修善寺温泉のほかにも、半島各地に多様な温泉地があります。温泉と紅葉、ぜひ一緒にお楽しみください!

「楽天トラベル」で、宿をさがす

「Yahoo!!トラベル」で、宿をさがす

「じゃらん」で、宿をさがす

紹介されたアイテム

るるぶ伊豆 ’22 (るるぶ情報版地域)
伊豆の紅葉と夜
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。

IZU HACK > 自然・絶景 > 【2021年紅葉情報】伊豆ならまだ間に合う!人気の名所から穴場まで紅葉11選