IZU HACK > イベント > 【河津桜まつり 2022】一足早い桜の見ごろはいつ?とっておきの楽しみ方をご案内!

【河津桜まつり 2022】一足早い桜の見ごろはいつ?とっておきの楽しみ方をご案内!

2022/01/19 更新

伊豆の観光名物のひとつ「河津桜」。例年2月に見頃を迎える、本州でも早咲きの桜です。「河津桜まつり」も開催され、屋台やイベント、夜間ライトアップでの夜桜見物も楽しめます。今回は「河津桜まつり」の最新開催情報や見どころ、周辺の観光名所、渋滞回避のためのヒントを紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

2月に開花する早咲きの「河津桜」とは?

河津桜

出典:PIXTA

桜といえば、3月下旬〜4月上旬に見られるソメイヨシノが有名ですが、それよりも早く見ごろを迎える早咲きの「河津桜」を知っていますか?

 

河津桜は、大島桜(オオシマザクラ)と寒緋桜(カンヒザクラ)が自然交配によって生まれた桜といわれており、ソメイヨシノと比べると花弁が大きくと濃いピンク色をしているのが特徴です。下の写真でソメイヨシノと見比べても、鮮やかなピンクが特徴的です。

河津桜とソメイヨシノ

出典:PIXTA(左が河津桜、右がソメイヨシノ)

1972年に河津桜の原木が発見されたのが、伊豆半島の東南部に位置する静岡県・河津町です。

いまでは各地で河津桜を見ることができますが、2月上旬に開花する早咲きの河津桜は約1ヶ月近くも鑑賞できるということもあり、例年多くの人が河津町を訪れます。

2022年の「河津桜まつり」は開催予定!

例年1月下旬頃からポツポツと咲きはじめ、2月中旬に開花のピークを迎える河津桜。見ごろになると例年「河津桜まつり」が開催されます。桜並木の鑑賞はもちろんですが、イベントや夜桜ライトアップが行われるなど、町をあげて盛り上がります。屋台の出店などもあり、賑やかな花見を楽しむことができるのです。

 

そんな河津桜まつりは、2022年(令和4年)で第32回を迎え、2021年2月1日(火)~28日(月)に開催予定です。

河津桜まつりの基本情報

開催期間:2022年2月1日~2月28日(予定)
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により変更の可能性あり
ライトアップ時間:18:00〜20:00
所在地:静岡県賀茂郡河津町笹原72−12
電話:0558-32-0290(河津桜まつり実行委員会)、0558-34-1560(開花情報テレフォンサービス、1〜2月)
アクセス:
【公共交通の場合】
東京方面から:JR東海道線・新幹線「熱海」駅下車、伊東線「伊豆急行下田」行きに乗り換え、「河津町」駅下車徒歩約5分
名古屋方面から:JR東海道線・新幹線「三島」駅下車、「熱海」行きに乗り換え「熱海駅」下車、伊東線「伊豆急行下田」行きに乗り換え、「河津町」駅下車徒歩約5分※河津駅にコインロッカーあり。
【クルマの場合】
東京方面から:東名道「厚木」ICから真鶴道路(有料)−熱海ビーチライン(有料)−国道135号線経由(約2時間30分)
または、東名道「厚木」ICから箱根ターンパーク−伊豆スカイライン(有料)
名古屋方面から:東名道「沼津」ICから国道136号線−伊豆中央道(有料)−修善寺道路(有料)−国道414号線経由(約1時間20分)

 

河津桜の公式HPはこちら

2022年の見ごろはいつ?

河津桜

出典:PIXTA

本州でも早咲き桜といわれている河津桜ですが、伊豆の場合は例年2月上旬に咲きはじめ、3月上旬まで花見を楽しめます。

雨と河津桜

撮影:編集部(2020年2月13日、ほぼ満開)

開花情報を更新している「SAKURA BLOG」にて最新の情報を確認できます。

また、開花情報に関しては専用ダイヤル(0558-34-1560)でも確認ができます。

年によって前後する可能性は十分あるため、事前にネットで公開されているライブカメラや、ブログなどでチェック開花情報をチェックしてから出かけましょう!
河津桜の開花情報 ライブカメラ

河津桜まつりの見どころは?

河津桜 花見

河津桜の開花にあわせて、例年2月~3月の1ヶ月間にわたり開催される「河津桜まつり」。
第32回目を迎える今シーズンの詳細はまだ発表されていませんが、例年の見どころを紹介します。

 

河津桜の鑑賞に最適な宿を紹介!

河津・東伊豆エリアには、良質な温泉を楽しめる旅館・ホテルが数多くあります。
「河津桜まつり」に合わせて各地でイベントが開催されるため、一泊二日で一足早い春を迎える伊豆をめぐるのもおススメです。

「楽天トラベル」で宿をさがす「Yahoo!トラベル」で宿をさがす

 

① 期間中行われる「ライトアップ」で夜桜鑑賞

河津町 桜 ライトアップ

出典:PIXTA

河津桜まつり期間中、毎日18~21時にかけて桜並木や名木のライトアップがおこなわれます。昼間とはまた違った、妖艶で美しい夜桜も必見です。

桜並木のライトアップ:峰地区、館橋下流
名木のライトアップ:今井浜、河津駅前、豊泉、役場、車、音蔵、大宮瀬、涅槃(ねはん)、上河原

② 屋台がズラリ!桜を見ながらご当地グルメを食べ歩き!

桜たい焼き

撮影:編集部(桜たい焼き)
桜たいやき
撮影:編集部(どこか切なげな目)

河津桜まつり期間中は、屋台が所狭しと並びます。なかでも見逃せないのは、某テレビ番組でも取り上げられ話題を呼んだ「桜たい焼き」。桜色の生地には桜葉が練りこまれており、なかに詰めこまれた甘さ控えめの粒あんとのハーモニーが絶妙!

 

ほかにも、ピンク色の桜餅が入った「桜しる粉」、三島コロッケや富士宮ヤキソバ、金目鯛の煮付けが入った「キンメコロッケ」といった地元グルメが目白押し。焼きそばや牛串など祭りの定番メニューも揃っています。

期間:2022年2月1日(火)〜2月28日(月)
時間:9:00〜17:00
場所:河津川沿い

③ 無料の「さくらの足湯処」でほっこり

河津桜 足湯

撮影:編集部(河津桜の中間地点にある足湯)

河津川に沿った笠原公園(ささはらこうえん)内にある足湯です。年中無休で稼働しています(9:00~16:00)。屋根付きなので、雨の日も安心です。

花見の穴場?!「河津城址公園」から桜を鑑賞

河津城址公園から見る桜景色

出典:PIXTA

桜並木を歩くのもいいですが、河津桜の並木を高台から一望できる「河津城址公園」は穴場の鑑賞スポット。標高約180mの城山山頂に位置しています。城址とあるように、かつては河津城という城があったようですが、北条早雲によって落城されました。

 

最寄りの河津駅から徒歩で約25~30分ほど。低山ですが道中には急こう配な坂もあるので、ヒールのある靴やサンダルは避けたほうが無難です。

河津桜まつり時期は渋滞に注意!

伊豆急行の車内と桜
撮影:編集部

河津桜の開花期間中、とくに週末や祝日は周辺の道路や駐車場が非常に混雑します。とくに河津駅周辺の無料駐車場は満車状態、トイレにも行列ができるほど。

 

朝早くに出掛けるか、電車で向かうのがオススメです。

混雑状況をあらかじめ確認!渋滞回避テクニック

渋滞

国土交通省の中部地方整備局が運営している「沼津河川国道事務所」のホームページでは、伊豆半島の道路混雑情報を公開しています。

例年夕方の上り道路が大渋滞となるため、道の駅などで混雑が緩和するまでゆっくり過ごすか、夜景観賞に出掛けるのもオススメです。

 

沼津河川国道事務所|道路混雑状況

 

河津町周辺のオススメ観光スポット5選

河津桜まつりと合わせて訪れたい、周辺のおすすめ観光スポットを紹介します。

①【河津町】体感型動物園 iZoo(イズー)

爬虫類

撮影:編集部

河津町にある「体感型動物園 iZoo(イズー)」は、日本最大の爬虫類・両生類の動物園。トカゲやワニ、カメ、イグアナ、毒ヘビ、巨大タランチュラ、果てにはGなどが暮らしています。

 

しかも展示方法がユニークで、ほかの動物園とは”ひと味”違うのです。河津桜がなくとも、ここをメインで訪ねたいくらい面白い場所なのでぜひ。

 

【体感型動物園 iZooの基本情報】

住所:静岡県賀茂郡河津町浜406-2
営業時間:9:00~17:00(最終入園16:30)
定休日:年中無休
料金:大人2,000円、小学生800円 ※KawaZooとの共通入園券あり
アクセス:
伊豆急行「河津駅」より、タクシーで約5分
公式HPはこちら

 

②【河津町】体感型カエル館 KawaZoo(カワズー)

でっかいカエル

撮影:編集部

こちらは「体感型動物園 iZoo(イズー)」の姉妹館にあたる、「体感型カエル館 KawaZoo(カワズー)」。国内をはじめ世界中の珍しいカエルたちが暮らしています。

世界一ビックな巨大カエルや、世界で最も美しいカエル、猛毒のカエルなど、いままで出会ったことない珍しいカエル達ばかりです。体験レポートもあるので、参考にどうぞ!

 

【体感型カエル館 KawaZooの基本情報】

住所:静岡県賀茂郡河津町梨本377-1
営業時間:10:00~16:30(最終入園16:00)
定休日:年中無休
料金:大人1,000円、小学生500円 ※iZooとの共通入園券あり
アクセス:
伊豆急行「河津駅」より、東海バス修善寺行きにて約25分
公式HPはこちら※iZooとKawaZooは、車で約18分ほど離れています。

③【河津町】河津七滝

河津七滝

撮影:編集部

河津七滝(かわづななだる)は、河津川の遊歩道沿いにある7つの滝を総称した呼び名。しっかり整備されており、およそ2時間ほどで7つの滝すべてを巡れます。

 

また河津七滝は、伊豆半島を代表するジオサイトのひとつ。伊豆半島が海底火山だったときの地層もみられ、太古のロマンを感じる神秘的なエリアです。

 

【河津七滝の基本情報】

住所:静岡県賀茂郡河津町梨本
アクセス:
【公共交通の場合】
伊豆急行線「河津駅」より「修善寺」行きバスに乗車、「水垂」バス停下車で徒歩すぐ。【クルマの場合】
東名「沼津」IC−伊豆縦貫道「長泉」IC−「月ヶ瀬」IC−国道414号−河津七滝駐車場

④【河津町】河津バガテル公園

河津バガテル公園

「河津バガテル公園」は、フランス・パリにある「パリ・バガテル公園」の姉妹園であるフランス庭園式のバラ園です。
園内には1100品種、6000株のバラが植栽されており、バラの開花中はまるで絵画に入り込んでしまったかのような景観が広がっています。

 

公園の大型駐車場を無料で利用できるほか、河津桜まつりの会場付近までシャドルバスの送迎も出ています。園内にはオシャレなカフェもあるため、花見が終わったあとの休憩にもピッタリ。

 

【河津バガテル公園の基本情報】

住所:静岡県賀茂郡河津町峰1073
電話:0558-34-2200
営業時間:9:30〜16:30(12/1~4/27は9:30~16::00)
定休日:木曜(4/28~6/30、10/1~11/30、1/1~1/3は無休)
料金:ローズガーデンのみ有料、時期により料金は異なる
アクセス:
伊豆急行「河津駅」より「河津バガテル公園行き」シャトルバスが運行
公式HPはこちら

じゃらんで「河津バガテル公園」の入園チケットをみる

▼その他、東伊豆の観光スポット情報はこちら

⑤【東伊豆町】第24回 雛のつるし飾り

つるし雛稲取の画像

出典:PIXTA

河津桜まつりと同時期に、東伊豆町にある伊豆稲取では「雛のつるし飾りまつり」を開催。メイン会場である「文化公園雛の館」をはじめ、各協賛会場で雛つるし飾りが展示されています。

 

展示以外にも、雛の茶会やワークショップ、記念品をゲットできるスタンプラリーなど各種イベントも盛りだくさん。詳しくはこちらをご確認ください。

 

「雛のつるし飾りまつり」

開催期間:未定
開館時間:9:00~17:00
アクセス:
伊豆急行線「伊豆稲取駅」より徒歩約15分、タクシーで約7分

本州一早咲きの河津桜を見に行こう!

出典:PIXTA

伊豆発祥の河津桜を存分に楽しめる河津桜まつり。河津川沿いに咲き誇る河津桜はもちろん、イベントやご当地グルメなどが楽しめます。

 

一足先に春の訪れを味わえる河津桜まつりに出かけてみてはいかがでしょうか?

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

河津城址からみた桜並木
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

IZU HACK > イベント > 【河津桜まつり 2022】一足早い桜の見ごろはいつ?とっておきの楽しみ方をご案内!