堂ヶ島での過ごし方!遊覧船に乗れなくても楽しめる

西伊豆町にある堂ヶ島は、伊豆屈指の景勝地。遊覧船やクルージングで巡る天窓洞、干潮時にみられる三四郎島のトンボロ現象など、自然が生み出す神秘的な景色に出会えます。また伊豆が海底火山だったことを物語る地層なども見られ、ジオサイトとしても注目されています。

アイキャッチ画像出典:編集部
記事中画像:編集部

堂ヶ島ってどんなところ?

堂ヶ島の天窓

出典:PIXTA

堂ヶ島(どうがしま)と聞いて、まず頭に思い浮かぶのは写真(上)のような景色ではないでしょうか? こちらは、国指定天然記念物でもある天窓洞です。

 

季節・時間・天候によって、水の色が微妙に変化するそうで、来るたびに違った感動を味わえます。

 

しかし、堂ヶ島の魅力はここだけではありません!

堂ヶ島のトンボロ

出典:PIXTA

こんなのとか!

三四郎島と夕日

出典:PIXTA

時間帯によっては、こんな絶景も! 今回は堂ヶ島へ行ってきたので、見所や駐車場情報、知っておきたい注意点などをご紹介します。

天窓洞の上を歩こう!

堂ヶ島は伊豆半島の西側に位置しています。観光化が進んでいる東側とは打って変わり、手つかずの大自然を体感できるのエリアです。

 

2018年に伊豆半島自体が「ユネスコ世界ジオパーク」に認定されたこともあり、主要なジオサイトの1つである堂ヶ島には国内外から多くの観光客が訪れていました。

堂ヶ島公園 案内図

まずは冒頭でも紹介した、堂ヶ島公園内にある天窓洞を見にいきます。遊覧船やクルージングに乗るのもいいですが、せっかくなので天窓洞の上を歩いてみることに。

乗浜海水浴場

スタート地点は、遊覧船乗り場です。すぐ近くに乗浜海水浴場が見えます。海水浴はもちろん、シュノーケリングもおすすめ!

堂ヶ島 案内標識

わかりやすい標識があるので、迷わず進めます。

堂ヶ島

こんな岩の上を歩きます。手すりとかはありません。

堂ヶ島 亀岩

天窓洞に向かう道すがらに出会う亀岩(かめいわ)。由来は、島の形が亀に似ていることから。

堂ヶ島 蛇島

こちらは、亀岩に対面している蛇島(じゃしま)。島の形ではなく、地層の模様から名づけられたそう。

堂ヶ島 岩肌

写真にある白い縞模様の地層も、海底火山の噴火によって火山灰や軽石が海底に降り積もり、海流の侵食によって形成されたもの。

 

それが本州との衝突で海底から隆起し、現在の姿になったそうです。こういった海底火山の痕跡を見られるのも、堂ヶ島ならでは。

西伊豆遊歩道 堂ヶ島コース

亀岩を通りすぎ、さらに上へ。

亀岩と蛇島

階段を上がれば上がるほど、絶景が視界に飛び込んできます。さらにズンドコ歩いていくと……。

堂ヶ島のトンボロ現象

反対側の海岸沿いが見えてきました。あれ、海の中に一本の道……これは噂のトンボロ現象では!? 早く行きたい、渡ってみたい、でも天窓洞を見ていない!

 

早まる気持ちを抑えつつ、天窓洞を目指します。

堂ヶ島の天窓洞

そこからすぐ着きました。天窓洞です。周囲は柵で囲まれているので、それさえ越えなければ安全。この下を遊覧船やクルージングで通ります。

堂ヶ島 天窓

出典:PIXTA

この絶景は、遊覧船に乗らないと見ることができません。見たかったなぁ……。

堂ヶ島 観光船 窓口

※荒天時(波が高い)は欠航となります。「堂ヶ島マリン」の運行状況確認は、当日の朝8時15分以降に公式HPをご確認ください。

三四郎島のトンボロ現象を見に行こう!

三四郎島のトンボロ現象

遊覧船やクルージングには乗れなかったけれど、ちょうどトンボロ現象が起こっていたので超特急で向います。

 

堂ヶ島のトンボロ現象とは、干潮時になると沖にある三四郎島(象島、中の島、高島)と対岸の間に道ができる、日本でも大変珍しい現象なんですよ!

堂ヶ島のトンボロは、潮位が30㎝以下(表内黄色)の日に歩いて渡れる可能性が高くなります。

日中に道が現れるのは2月~9月にかけて。干潮時刻の前後1時間程です。(西伊豆町堂ヶ島温泉郷

訪れたのは、2019年の4月。例年3月辺りから、日中に大きく潮が引くタイミングが出てくるそうです。干潮時刻・潮高はこちら

堂ヶ島 トンボロ

ちょうどベストタイミングでたどり着きました。見てください、手前側と奥の方で石の色が違いますよね。この道が、海に沈んでいた証拠です。

堂ヶ島と海

左右どちらを見ても海。

堂ヶ島 トンボロ

海藻や藻などで、足場はかなりすべりやすくなっています。

柱状節理

これも海底火山の痕跡でしょうか。柱状節理みたいですね。

堂ヶ島のかに

小さいカニさんを発見。

堂ヶ島 三四郎島 対岸

三四郎島には、実際に歩いて上陸できます。ただ戻るタイミングを逃してしまうと……。

三四郎島

出典:PIXTA

道が海に閉ざされてしまい、島から出られなくなってしまうのでご注意ください!

三四郎島の伝説

トンボロ現象

鎌源頼朝の家臣であった、伊豆の三四郎にちなんで名づけられた三四郎島。

 

島に隠れ住んでいた三四郎の世話をしていた小雪という娘が、頼朝の決起を早く伝えようと潮が満ちている時に島へ渡ろうとして波に呑まれてしまった……という悲しい伝説が残っています。

堂ヶ島の夕日も美しい

堂ヶ島 夕日

出典:PIXTA

青々しい駿河湾に浮かぶのは、白い岩肌に緑の木々が生い茂る島々。”伊豆の松島”とも称されるのも、納得のいく景勝地でした。

 

また堂ヶ島のある西伊豆町は、国内でもとくに夕日が美しいことで知られています。見頃は空気が澄んで乾燥している、10月~3月の上旬ごろのよう。

アクセスと駐車場

堂ヶ島公園までのアクセス

遊覧船の乗り場に近いのが、【堂ヶ島公園無料駐車場】。7~8台ほど駐車できます。

また少し離れたところに、【堂ヶ島 町営無料駐車場】があります。こちらは15台前後停められるようです。

 

※「堂ヶ島マリン」のクルーズ&遊覧船を利用される場合は、加山雄三ミュージアムと共同の無料駐車場(500 台収容)があります。

詳細はこちら

堂ヶ島のトンボロまでのアクセス


【堂ヶ島瀬浜海岸無料駐車場】が、トンボロに近い駐車場です。ただ停めれるのは7台なので、トップシーズンだと厳しいですね。

また少し離れたところに【堂ヶ島無料駐車帯】があります。こちらも7台駐車できるようで、白い枠線が引かれています。

電車・バス・船でのアクセス

・「伊豆急下田駅」から東海バス・堂ヶ島行きで約60分、「堂ヶ島」下車

・伊豆箱根鉄道「修善寺駅」から東海バス・松崎行きで約90分

・清水港からエスパルスドリームフェリーで土肥まで約65分、土肥から車で約30 分

西伊豆エリアのジオサイト「堂ヶ島」は絶景だらけ!

堂ヶ島と飲食店

いかがでしたか? 堂ヶ島は、海底火山がつくり出した地形を目で見ることができる貴重な場所です。

 

また国内でも珍しいトンボロ現象が見られるのも、堂ヶ島ならでは。干潮の時間を確認したから、出掛けてみるのがいいでしょう!

 

堂ヶ島 天窓
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

IZU HACK編集部
IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。