【沼津・大瀬﨑】伊豆七不思議”大瀬明神の神池”を訪ねる

伊豆半島の西海岸、ダイビングスポットのメッカとして知られている大瀬崎ですが、実は「伊豆の七不思議」の1つでもあるミステリアスな場所。さらに岬全体には天然記念物であるビャクシン樹林が群生しており、幽玄な景観が広がっているとか…。今回はそんな大瀬崎へ実際に行ってきました!

アイキャッチ出典画像:撮影 編集部
記事内画像:撮影 編集部

「伊豆の七不思議」の1つを見に行こう!

大瀬岬

提供:沼津市

伊豆の七不思議をご存知ですか? 伊豆半島に伝わる七つの不思議な物語のことで、今回ご紹介する大瀬﨑(おせざき)もそのうちの1つ。

岬先端にある”池”が七不思議

大瀬﨑は岬なので、当然写真(上)のように周りは海に囲まれています。しかしGoogleマップで大瀬﨑を見てみると……

岬先端に注目してみてください。あれ……? 穴が空いている! この穴の正体は「神池」と呼ばれる池なのですが、なんと淡水なのです。

 

海からこんなに距離が近いのに、海水ではなく淡水。これが七不思議の1つとされている理由です。今回はそんな神池を見るべく、静岡県沼津市にある大瀬岬へ行ってきました。

神池の前に…まずは大瀬神社を参拝

大瀬神社
車を有料駐車場に停めて、岬に向かって歩いていきます。道中には環境省が選定している「快水浴場百選」の大瀬海水浴場があるほか、ダイビングスポットとしても人気のため民宿やダイビングショップが軒を連ねていました。

 

そこを通り過ぎていくと、白い鳥居がみえてきます。ここまで約10分くらい。鳥居から先は大瀬神社の境内となっており、その中に「神池」があります。

大瀬神社と拝観料
神社と神池に入るには、拝観料を100円払います。料金所は無人でした。写真右端に見えるプラスチックケースに入れられたモナカもどきは、神池に泳ぐ鯉にあげれる餌のようです。

 

まずは大瀬神社の参拝に向かいます!

天狗の葉団扇
天狗の葉団扇(はうちわ)を模したオブジェを発見。

大瀬神社と引手力命
拝殿へ続く階段です。大瀬神社の御祭神は大瀬明神=引手力命(ヒキテ力ノミコト)と呼ばれる、海の神様が祀られています。

 

よく見てみると、鳥居のそばには鉄の下駄が。
大瀬神社の社殿
拝殿に着きました。写真ではわかりづらいですが、上の方に天狗のレリーフが彫られています。

 

ここまでの置物をみると、大瀬神社は天狗と関わりのある神社なのかもしれませんね。
大瀬神社 赤いフンドシ
拝殿の右側には、漁師たちが収めた赤いフンドシがかかっています。古から続く風習で、海上の安全を願ってのことだそう。

 

ちなみに大瀬神社にまつわる風習に、毎年4月4日に「大瀬まつり」があります。

毎年4月4日に行われる大瀬神社の例祭「大瀬まつり」。

大漁と航海安全を祈願するため、華やかに装飾された漁船が各地区から大瀬神社に向け出航します。

派手な化粧と長襦袢で女装した男達が船上で繰り広げる「勇み踊り」は必見!(出典:沼津観光ポータル

飾り立てた船上で、女装した青年たちが踊る奇祭として知られているよう。これは一度見てみたいものです!

境内を囲む、神秘的なビャクシン樹林

境内 ビャクシン樹林
境内は写真のようなクネクネとねじれた巨木に囲まれており、幽玄な景観を作りだしています。これはビャクシンというヒノキ科の常緑高木樹で、国の天然記念物に指定されているようです。
ビャクシン樹林と看板
およそ百数十本ほどのビャクシンが、大瀬﨑全体を覆うように樹林を形成しています。境内にある看板によると、すべてのビャクシン樹林が大瀬神社のご神木なんだそう。
ビャクシン樹林の大木
大瀬岬で最大の大木は、推定樹齢1,500年以上とされている「夫婦ビャクシン」。周囲は7メートルあるようです。

御神木の中でも特別な存在であり、大瀬神社の分霊が祀られています。
ビャクシン樹林とハート石
ビャクシンの根本には、ハード型の石が! 特別ないわれはないようですが、なにか秘めたるパワーをもっているような気がします。
与謝野鉄幹歌碑
こんなものもありました。大瀬崎を訪れた与謝野晶子の父、与謝野鉄幹の歌碑です。この景観に感動した詠んだ歌だそう。
大瀬岬と灯台
近くには真っ白な大瀬埼灯台(おせざきとうだい)が立っています。目の前には真っ青な駿河湾……ロケーションも最高です!

 

天気がいい日には、名峰富士山も拝めるようです。たしかに歌を詠みたくなりそうですね。

いよいよ神池とご対面

大瀬神社と狛犬
寄り道しまくりでしたが、いよいよ目当ての神池へ向かいます。境内にあるのですぐ近くです。

神社と神池
はい、着きました。文字がかすれて読みにくいですが「神池」と書かれています。一見なんの変哲もない池のように見えますが、もっとも近いところだと海との距離はわずか15m。

 

標高も約1~2mほどしかなく、天候によっては海水が吹き込むであろうはずなのに”淡水池”というナゾ……。

神池
その証拠に、コイやフナといった淡水魚が悠々と泳いでいました(ナマズもいるようです)。

 

これほど海との距離が近いのに淡水なのか? 「富士山からの伏流水が湧き出ている」という説があるようですが、いまだ解明されていないため「伊豆の七不思議」に数えられています。

アクセスなどの基本情報


所在地:〒410-0244  静岡県沼津市西浦江梨大瀬329
アクセス:
(車)東名高速道路・沼津I.Cから約1時間(国道414号線経由)
(電車)沼津駅南口から直通バス「大瀬岬」下車。※1日2本しか運航していないので要注意。
※詳細はこちら
駐車場:あり(有料)

ミステリアスなスポット「大瀬崎」へ行ってみよう!

ビャクシン樹林と駿河湾
今回は神池目的で大瀬崎へ赴きましたが、ビャクシン樹林が生み出す独特な景観にも目を奪われました。

 

アクセスが不便なのも、ちょっとした秘境気分を味わえていいかもしれませんね! 伊豆観光の1つにぜひ「大瀬崎」を加えてください。

 

 

神社と神池
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

IZU HACK編集部
IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。