「石廊崎」こそ秘境なり!行き方・見どころ・周辺の観光スポットを紹介

石廊崎はまさに伊豆の秘境!眼下には、荒々しい波が打ちつける断崖絶壁。大昔の海底火山が生み出した伊豆ならでは地形、奇石の数々。今回はそんな迫力満点のスポット、石廊崎の見どころや周辺の観光情報、さらに車・電車でのアクセス方法も解説します。

アイキャッチ出典画像:編集部

「石廊崎(いろうざき)」とは?見どころ3つを紹介

石廊崎 先端

出典:PIXTA

今回ご紹介するのは伊豆半島の最南端、南伊豆町にある「石廊崎(いろうざき)」です。

石廊崎は相模湾と「日本一深い湾」といわれている駿河湾の境目に位置しています。
石廊崎 先端

撮影:編集部

写真のように、石廊崎は断崖絶壁のスポット。岬の先端から眺める海は、言わずもがな”絶景”の一言です。

 

まずは石廊崎にある”絶景以外”の見どころをご紹介します。

見どころ① 石廊崎灯台(いろうざきとうだい)

石廊崎 灯台

出典:PIXTA

石廊崎の象徴ともいえるのが、白い灯台「石廊崎灯台(いろうざきとうだい)」です。「日本の灯台50選」の1つに選ばれており、真っ青な海と白い灯は写真映えすること間違いなし!

 

普段は敷地内に入ることはできませんが、11月に1日のみ一般公開されています。

見どころ② 石室神社(いろうじんじゃ)

石室神社

出典:PIXTA

石廊崎に立ち寄ったら、この崖にめり込んでいる? 嵌っている「石室神社(いろうじんじゃ)」は必見です。「伊豆の七不思議」の1つに数えられている奇妙な伝説が残る場所でもあります。御朱印もいただけるので、集めている方はぜひ。

※石室神社の伝説についてはこちら!

見どころ③ 熊野神社(くまのじんじゃ)

石廊崎にある神社

出典:PIXTA

最期にご紹介するのは、パワースポットとして人気の「熊野神社」。石廊崎の突端に位置しているため、周囲を海に囲まれた断崖絶壁というスリル満点な場所にあります。

 

熊野神社には縁結びの神様が祀られており、その由来はある伝説に関係しています。

~石廊崎の恋物語~

その昔、石廊崎近くに漁師の「幸吉」と名主の娘「お静」が住んでいました。ふたりは互いに愛し合っていましたが、身分の違いから二人の仲は引き裂かれてしまいます。

 

「幸吉」は石廊崎の突端から、約9kmも離れた神子元島に流されますが、互い忘れることができなかった二人はそれぞれ火を起こし、愛を確かめ合っていました。

 

しかしある晩、神子元島から火が見えず心配したお静は、小舟を出して島へ向かいます。荒波を乗り越え、無事に神子元島へ漂着。両親も二人の仲を許し、末永く幸せに暮らしたという。

 

そのお静が火を起こしたとされる所に、熊野神社の祠が祀られています。以降、縁結びの神様として知られることとなり、恋愛成就のご利益が期待できるパワースポットとして人気を集めています。

より「石廊崎」を楽しむなら遊覧船に乗ろう!

石廊崎 遊覧船 入口

撮影:編集部

駐車場がある石廊崎漁港から、遊覧船が出ています。およそ30分間、石廊崎の岩礁地帯を海から楽しめるほか、遊覧船からでしか楽しめない景観スポットも盛りだくさん。

※なお、車椅子での乗船、ペットを連れての乗船はできませんのでご注意ください。

コースは2つ、海の状況で決まる!

ヒリゾ浜遊覧船

撮影:編集部

遊覧船のコースは2つ。基本は『奥石廊崎(ヒリゾ浜)コース』ですが、天候によっては『みのかけ岩コース』になります。

 

●『奥石廊崎(ヒリゾ浜)コース』……国内有数のシュノーケルスポット。まるで南の海のような透明感が、口コミを通じて話題になりました。

 

●『みのかけ岩コース』……伊豆でしか見れない独特な形状をしている岩、奇石が織りなすユニークな風景が広がっています。
※天候で運航中止になる場合もあるので、事前に確認してください。

ヒリゾ浜

撮影:編集部(ヒリゾ浜)

ヒリゾ浜 海面

撮影:編集部(ヒリゾ浜 加工は一切していません)

遊覧船と石廊崎灯台

撮影:編集部
船からは、石廊崎灯台や熊野神社もみられます。

「石廊崎岬めぐり遊覧船」概要

所在地:

静岡県南伊豆町石廊崎55番地
出航日:

毎日運航
出航時間:9:30~16:30
※臨時便あり(お盆、GW等のみ)
定休日:

無休
料金:

大人1,400円 小人700円
アクセス:

<電車>

『伊豆急下田駅』より東海バス「石廊崎港口行き」バスで約40分、『石廊崎港口』下車徒歩約5分

<車>

伊豆スカイライン 天城高原I.Cから約1時間45分
駐車場:

有り(有料1台500円)

主催はこちら

「石廊崎」への行き方【車・バス・電車】

石廊崎 駐車場

撮影:編集部

石廊崎へのアクセスは、正直よくありません。とくにバスの本数は1時間に1本あるかないかぐらいなので、車でのアクセスがオススメです。

車の場合

石廊崎の港には、有料駐車場(1台500円)あり。

・東名高速『厚木IC』から小田原厚木道路、国道135号を通って石廊崎へ。

・東名高速『沼津IC』から伊豆縦貫自動車道、函南で136号線伊豆市で国道414号→国道135号で石廊崎(出典:旅情報 めぐり

電車・バスの場合

『伊豆急下田駅』から東海バスに乗車、「石廊崎港口行き」で約40分、『石廊崎港口下車』徒歩25分。

※下田駅発バスの時刻表はこちら

 

続いては、石廊崎の周辺スポットをご紹介していきます。

「石廊崎」の周辺スポット①あいあい岬

あいあい岬 公園

撮影:編集部

県道16号沿いにある駐車場、そこが奥石廊崎大根(おおね)展望台、通称「愛逢(あいあい)岬」と呼ばれる場所です。夕日の名所としても知られています。
あいあい岬とカメラスタンド

撮影:編集部

人がいなくとも写真が撮れるカメラスタンド。
ジオパークビジター

撮影:編集部

駐車場内では「南伊豆町ジオパークビジターセンター」があります。伊豆の大地をお菓子にしたジオ菓子など販売されていますよ。
▼伊豆半島ジオパークとは?詳しくはこちら

あいあい岬の基本情報

所在地:

〒415-0312 静岡県 南伊豆町 入間1839-1
営業期間:

年中無休(南伊豆町ジオパークビジターセンター)
営業時間:

10:00~16:30
料金:

無料
駐車場:

有り(無料、大型車2台分、普通車20台分)
アクセス:『伊豆急下田駅』から車で国道136号線経由、約40分

「石廊崎」の周辺スポット②ユウスゲ公園

ユウスゲ公園

出典:PIXTA

7月~8月の、夕暮れから翌日の午前中までしか咲かない黄色い美しい花、ユウスゲが自生する公園です。ユウスゲ公園も「夕陽が絶景!」と口コミで評判のスポット。星空も綺麗で、季節にもよりますが天の川も見られます。
あいあい岬

撮影:編集部

ユウスゲの時期でなくとも、こんな絶景なかなか見られません!

ユウスゲ公園の基本情報

所在地:

〒415-0156 静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎
料金:

無料
駐車場:

有り(無料、数台のみ)
アクセス:

あいあい岬から徒歩約5分

「石廊崎」は絶景しかない!

アイアイ岬からのヒリゾ浜②

撮影:編集部

石廊崎はもはや絶景しかありません。電車の場合アクセスは不便ですが、車だと下田市内から20~25分程度で行けます。

 

ヒリゾ海岸へ渡れるのは夏季のみ。それ以外のシーズンは遊覧船のみで、下船はできませんのでご注意を。

石廊崎の基本情報

所在地:

〒415-0156 静岡県賀茂郡南伊豆町石廊崎
料金:

無料

ヒリゾ浜遊覧船
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

IZU HACK編集部
IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。