検索

雪化粧をした大室山

【大室山に行ってみた!】知っていると得する周辺の観光情報も

大室山は、東伊豆を代表する観光スポット。頂上からは、富士山や相模湾に浮かぶ伊豆諸島を臨める360℃パノラマが広がっています。今回IZU HACK編集部は大室山を取材。頂上の見どころや、おすすめのランチ場所、周辺の観光情報をご紹介します。

目次

  • 伊豆高原のシンボル!大室山ってどんな所?
  • 大室山は登山NG!リフトを使おう
  • 大室山の山頂を散策しよう!
  • 700年続く伝統行事!大室山の「山焼き」は必見
  • 大室山の麓「さくらの里」で花見も楽しめる
  • 大室山周辺のランチなら「伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと」がおすすめ!
  • 大室山は高コスパな観光スポット!
アイキャッチ画像:IZUHACK編集部

伊豆高原のシンボル!大室山ってどんな所?

大室山 全体像

今回ご紹介するのは、静岡県伊東市にある大室山。お椀をふせたようなシルエットが特徴の山で、伊豆高原のシンボル的な存在です。また、2016年に大ヒットした新海誠の作品『君の名は。』に登場する、宮水神社のご神体が祀られていた場所と風景が似ていることで話題になりました。

伊豆高原駅から車でおよそ12分、伊東駅から東海バスでおよそ30分と好アクセスで、一年を通して多くの観光客が足を運びます。バスは本数が少ないので要注意!

一年を通じて「色」が変わる山

写真は、初夏~夏ごろの大室山の風景。9月~10月にかけては、山を覆っているススキが一いっせいに穂を出して、山肌を白銀色に染め上げます。冬はススキが枯れてしまい茶色に、2月になれば伝統行事の「山焼き」で真っ黒になります。

伊豆シャボン公園
すぐ目の前には、元祖カピバラ温泉で有名な「伊豆シャボン公園」があります。大室山のリフト券を見せれば、入場券が割引になりますよ!
▼伊豆シャボン公園の詳細はこちら!


大室山は登山NG!リフトを使おう

大室山リフト

大室山は国の天然記念物の指定を受けており、環境保護のため徒歩での登山は禁止されています。なので、山頂まではリフトで上がることになります。

リフトは往復で500円と格安!

大室山 上りリフト

2月上旬の大室山は枯れたススキに覆われており、山肌は茶色。今年は1月の大雪による残雪が残っており、雪化粧しています。

大室山の登山リフトは、大人料金でも500円(往復券)とかなり格安!子供は250円。

リフトはスキー場にあるもの(2人乗り)と同じなので、風が吹けばそれなりに揺れます。赤ちゃんを連れていく場合は、抱っこ紐などでしっかり安全を確保した状態で乗りましょう。

終点の手前にはカメラが設置されており、そこで撮影された写真は山頂で購入することができますよ!

大室山 犬に関する掲示板

写真は、2018年2月8日の情報です。

ペットもリフトに乗って山頂に行くことができます。(リフト料金は無料)ただし基準をクリアしていないとリフトに搭乗できないので、事前に確認しておきましょう。

大室山登山リフト・営業時間

乗車券の販売は、営業時間の15分前で終了します。山頂は1周するのに20分ほどかかるので、時間に余裕をもっていきましょう。
【リフトの営業時間】
●3/6~3/15……9:00~16:45
●3/16~9/30……9:00~17:15
●元旦……5:40~16:15

大室山の山頂を散策しよう!

大室山 リフト乗り場
標高580メートルの大室山をリフトで上ることおよそ5~7分ほど。目の前には……
大室山 火口
どーん!と大室山の火口がお出迎え。直径300メートル、周囲はおよそ1キロメートル、深さはおよそ70メートルの噴火口跡です。

噴火口の中腹には、「浅間神社」が祭られています。こちらは、噴火口でアーチェリー(1人1時間1,000円)を体験した人のみが行けるようです。

そして、後ろを振り返ってみると……
大室山 山頂からの景色
眼下には海を臨む伊東市の全貌が……!。天気は良い日には正面に富士山がみえるそうですが、この日はあいにく雲で隠れていました。
大室山 絶景と遊歩道
山頂は遊歩道になっており、約20~30分あれば1周することができます。場所によって見えてくる景色がまるで違うので、ぜひ歩いてみてください。

遊歩道は舗装されているので、サンダルでもOKです。ただし、頂上が近づいてくると少し急坂が続くので、スニーカーなど足を痛めない靴がおすすめですよ。
大室山と雲にかくれた富士山
海側は晴れていたので、伊豆大島をはじめとする伊豆諸島の島々がくっきり見えました。
大室山とお地蔵さま
こちらは、八ヶ岳地蔵尊。海上の安全や大漁を祈願して、漁師たちによって建てられたもの。昔の漁師たちは大室山を目じるしにして漁場を決めていたそうです。
大室山 伊豆高原
こちらは伊豆高原方面の景色です。
大室山と古いお地蔵さま

先ほど紹介した八ヶ岳地蔵尊は昭和59年に再建されたもので、こちらは以前の地蔵尊。ちょうど反対側にあります。

トイレはリフトを降りて左手すぐ!

大室山 トイレ
山と聞くとトイレがないイメージがありますが、大室山には新設されたトイレがあります。おむつ替え台もあるので赤ちゃんが一緒でも安心ですよね!多目的トイレや、女性に嬉しいメイク台までも完備されていました。

テラス席でほっと一息

大室山休憩所
また、リフト乗り場の直ぐ近くにはテラスもあります。目の前に売店があるので、一息つきたい時におすすめです!
大室山 下りリフト
帰りのリフトはスリル満点!絶景をみながら下界へ降りていきます。

700年続く伝統行事!大室山の「山焼き」は必見

大室山 山焼き

出典:PIXTA

700年続く伝統行事、大室山の「山焼き」。山を覆う枯れたススキを焼き払い、新しい芽をはぐくむために行われています。なんと30分かからずに丸焼きになるそうで、真っ黒焦げになった大室山が姿を現します。

毎年2月の第2日曜日に開催!

大室山の「山焼き」は、毎年2月の第2日曜日に行われます。しかし当日の天候や残雪の影響で、日程が変更する場合もあるので、事前に確認してください。「山焼き」の最中は混雑が予想されるので、早めに観覧ポジションを決めておくのが良いでしょう。また点火に参加する場合は、当日は道路の渋滞も考慮して、気持ち1時間前には到着する気持ちで向かった方がいいかもしれません。

【2018年の山焼き】
日時:2018年2月25日(日)
※残雪の影響で、日程が変更されています。
時間:9:00~(予定)
※点火の一般参加者受付開始時刻。定員は70名で先着順。(松明1本500円)

大室山の麓「さくらの里」で花見も楽しめる

出典:PIXTA

また大室山の麓には、県内屈指の桜の名所「さくらの里」があります。桜と言えば、3月下旬から4月にかけて咲くイメージがありますが、こちらの庭園では9月から咲く品種があり、冬から春にかけて約40種・1500本の桜が園内を彩ります。

毎年4月上旬には、満開の桜の中で「さくらの里まつり」が開催され、多くのお花見客で賑わいます。
※公式ホームページ:http://itospa.com/nature_park/np_sakuranosato/

大室山周辺のランチなら「伊豆高原 旅の駅 ぐらんぱるぽーと」がおすすめ!

伊東 旅の駅
大室山のリフト乗り場や、伊豆シャボテン公園でランチをするのもいいですが、5分ほど車を走らせれば道の駅ならぬ「旅の駅」があります。ちょうど熱海と下田の中間にあるドライブインで、食事処はもちろん、観光に関する情報やお土産も充実。さらに足湯があったり、愛犬家のための休憩場所もあります。
伊東 旅の駅 テラス
こちらは旅の駅にある恋人テラス。眼下には相模湾が広がっています。ちょっと一息つくのにおすすめです。

基本情報

営業時間:9:00~18:00
所在地:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1090 ぐらんぱる公園となり
電話番号:0557-51-1158(代)
公式HP:http://granpalport.com/

大室山は高コスパな観光スポット!

大室山 地球の丸さがわかる
大室山は大人でもワンコインで楽しめる高コスパな観光スポット。また小さな子供からお年寄りまで、みんなが楽しめる場所でもあります。

駐車場の数も多く、周辺には観光スポットや食事処も多いので、大室山周辺で1日楽しく過ごせますよ!

  • <前へ
  • 1/3

今、あなたにオススメ

ウィークリーアクセスランキング

沼津でラブライブ!サンシャイン!!の聖地巡礼が人気沸騰中!
沼津でラブライブ!サンシャイン!!の聖地巡礼が人気沸騰中!
1度は訪れたい!南伊豆の観光スポット人気14選【定番から秘境まで】
1度は訪れたい!南伊豆の観光スポット人気14選【定番から秘境まで】
東伊豆の人気観光スポット13選!絶対に外せないイチオシを厳選
東伊豆の人気観光スポット13選!絶対に外せないイチオシを厳選
【修善寺の1日観光モデルコース】かの文豪たちが愛した温泉地!
【修善寺の1日観光モデルコース】かの文豪たちが愛した温泉地!
熱川で観光するならここ。おすすめ観光スポット19選!
熱川で観光するならここ。おすすめ観光スポット19選!

オススメ

伊豆の貸切風呂の画像
伊豆で『貸切風呂』を楽しもう!日帰り・宿泊のおすすめ施設とは
IZU HACK編集部
いけすや
沼津・内浦漁協直営「いけすや」のアジフライが美味すぎる!と話題に
IZU HACK編集部
小室山 つつじ
伊東市のイチオシ観光スポット5選!「ここ」だけは外せない名所
IZU HACK編集部
伊豆で密かに話題!?「怪しい少年少女博物館」で思い出を作ろう!
IZU HACK編集部
修善寺
【修善寺の1日観光モデルコース】かの文豪たちが愛した温泉地!
IZU HACK編集部