SNS映え抜群!?「伊豆のおしゃれカフェ」で旅の疲れを癒そう

伊豆にはフォトジェニックで思わず写真を撮りたくなるカフェがじつはたくさんあります。今回はエリア別に分けて見た目からも楽しめる魅力たっぷりなおしゃれカフェをご紹介!観光地巡りの休憩にぜひ立ち寄ってSNS映えする写真を撮ってみてくださいね!

アイキャッチ画像出典:提供:Instagram mikageliswymyan

伊豆には魅力的なカフェが沢山

出典:PIXTA

伊豆といえば海があり、山があり、それぞれで様々な絶景を楽しめる観光地が沢山ありますが、あまりカフェのイメージがある方は少ないのではないでしょうか。

 

今回は美味しいだけでなく、海を一望できたり、インスタ映えする可愛い内装、レトロで歴史のある外観、そんな伊豆の魅力が詰まったおしゃれカフェを、エリア別にご紹介します!

東伊豆エリアのカフェ

東伊豆エリアは観光地としても有名な場所で、海沿いに温泉街が複数あったり、家族で楽しめる伊豆ぐらんぱる公園や伊豆の特産「キンメダイ」が味わえる伊豆の中でもとても賑わっているエリアです。

花の妖精

「花の妖精」は相模湾と錦ヶ浦の間に位置しているアカオリゾート内にあります。店内は広々としていて、ヨーロッパ調のレトロな雰囲気が漂う家具が並んでおり大きい窓が目立ちます。
窓からは熱海の海を見下ろすことができるので、訪れた際は窓際の席を選ぶのもオススメ!

 

四季で変わるメニュー

春夏秋冬でその季節の果物を使用したパフェをだしています。みているだけで楽しめる盛り付けは食べるのがもったいないくらい美しい。
パフェの他にもカレーやパスタもあるのでがっつりとお昼を食べたい方も、パフェだけでの利用も可能です。

 

概要・基本情報
営業時間:ティータイム 10:00~17:00(L.O.16:30)
ランチタイム 11:00~15:30(L.O.15:00)
定休日:毎週 火曜・不定休
駐車場:無料(6台)
住所:〒413-8555 静岡県熱海市熱海1993-65

公式HPはこちら

コエダハウス(COEDA HOUSE)

「コエダハウス(COEDA HOUSE)」は熱海駅から車で15分ほどにあるアカオハーブ&ローズガーデン内にある高台の頂上に位置しており、駿河湾を一望できるオーシャンビューを味わえるカフェ。
そこに建つ全面を窓で覆われたコエダハウスはとても目を引く外観です。

 

おしゃれな建築物はあの有名な建築家のデザイン

このなんとも複雑に組み合わさった木々のオブジェ。この建物は日本を代表する建築家で、新国立競技場の設計を手掛けたことでも有名な隈研吾さんがデザインを手掛けています。

 

コエダハウスは、隈研吾さんのデザインを間近で見ることができる貴重な場所とも言えますね。木をふんだんに使用した組木のデザインとガラス張りの壁は、周りの景観とも溶け込み非日常を味わえそうな空間になっています。

 

色鮮やかなメニューでインスタ映え!

コエダハウスのメニューはバラをテーマにしたドリンクが中心です。ローズガーデン内のカフェならではですね。写真はオリジナルのローズヒップ・オレンジのジュース、他にも熱海タルトフロマージュなどのスイーツもあるみたいです。

 

晴れた日には絶景を見れるコエダハウスをぜひ訪れてみてください。

 

概要・基本情報
営業時間:9:30〜16:00
定休日:12月・1月の毎週火曜
駐車場:無料駐車場150台
住所:〒413-0101静岡県熱海市上多賀1027-8

公式HPはこちら

熱海プリンカフェ2nd

「熱海プリンカフェ2nd」は熱海駅から徒歩12分程で行くことが出来ます。テーマの「みんなで楽しむおふろ」を表現した店内にはなんともかわいげな光景が広がっています。

 

銭湯でプリンが食べれる?!

店内はお風呂にはいっている気分になれるような作りになっており、風呂桶をテーブル代わりにしてプリンを味うことができます。
カフェスペースに飾ってあるアヒルと並べて写真を撮ると、お風呂感が増しますね!

 

メインの熱海プリン以外にも風呂まーじゅプリンや熱海プリンカフェ2ndでしか買えない熱海シフォンもあります。お風呂好きにはたまらない空間でぜひ熱海プリンを味わってみてください。

 

概要・基本情報
営業時間:10:00~18:00
定休日:定休日なし※定休日がある場合はHPへ掲載させて頂きます。
住所:〒413-0013 静岡県熱海市銀座町10-22

公式HPはこちら

HAPPAYA

「HAPPAYA」は伊豆高原駅から車で15分程のところにあります。駅からバスが出ているのでバスで行くのが便利かもしれません。お店に着くとまずは素敵なお庭が迎えてくれます。

きれいにガーデニングされたお庭を通ると、ヨーロッパ風のかわいらしい建物が見えてきます。

 

色鮮やかなガレットでゆったりとした時間を

サーモンクリームのガレット。サーモン、オニオンコンフィ、サワークリームが色鮮やかにお皿を彩っており、見るからに美味しそうですね。
ガレットにあまり馴染みがない方もいると思いますが、ガレットとはフランス北西部のブルターニュ地方発祥のそば粉で作られる料理だそうです。

 

概要・基本情報
営業時間:11:30~16:00
定休日:火曜・木曜
住所:〒413-0235 静岡県伊東市大室高原3-600

公式HPはこちら

おおむろ軽食堂

東伊豆を代表する観光スポット、大室山に登るリフトの麓にあるお店が「おおむろ軽食堂」です。
店内は木を中心としたナチュラルな内装になっています。メニューも和食が中心のよう。

 

食材にこだわったおしゃれなおばんざい

お皿にきれいに盛り付けられた前菜プレート。食材はなるべく地産のものを取り入れており、お皿もオーナー手作りの陶器を使用しているというこだわりっぷり。
「前菜プレート」「メイン」「お抹茶とお茶請け」のセットとなっており、内容からも、見た目からも満足しそうなメニューですね。

 

大室山に登る際はぜひ訪れてみてください。

 

概要・基本情報
営業時間:10:00~16:00
定休日:大室山リフト運休時はお休みです
住所:〒413-0231 静岡県伊東市富戸1317-5 大室山リフト館 1F

公式HPはこちら

七滝茶屋

ここ「七滝茶屋(ななだるじゃや)」は1年中いちごパフェが食べられる有名なお茶屋さんです。
外観はお茶屋さんらしい雰囲気の和の造りですが、この空間からどんないちごパフェが出てくるのでしょうか……?

 

驚きのビジュアルとコスパ

みてくださいこのビジュアル。いちごが大きい! 贅沢に5個ぐらいは入ってそうな。しかもお値段はなんと630円!(2019年6月時点)。コスパ最高すぎますね。

 

イチゴ好きにはたまらない七滝茶屋は、七滝巡りの最後の滝である大滝の近くにあるので観光の休憩によってみてはいかがでしょうか。

 

概要・基本情報
営業時間:10:00~17:00(16:30L.O)お食事は11:00~15:30L.O
定休日:不定休
駐車場:20台
住所:〒413-0501 静岡県賀茂郡河津町梨本363-4

公式HPはこちら

その他おすすめスポット

南伊豆エリアのカフェ

南伊豆エリアは伊豆の一番南に位置しており、伊豆の中でも最も海がきれいなエリアになります。
また、日本で最初の開港場になった下田市には史跡も多く残っており、「ペーリーロード」と呼ばれているエリアは古民家カフェやレトロな建物が多く、観光客にも人気の観光スポットになっています。

草画房

「草画房」はペリーロードに位置しており、伊豆急下田駅から徒歩15分ほどのところにあります。
川沿いを進むと情緒漂う外観が目に入ります。草画房は大正時代に建てられた石造りの建物だそうです。
ここに来るだけで一気にタイムスリップした気分になりますね。中もどうなっているのかが気になります。

 

ゆったりとした空間でくつろぎを

中は外観からも伝わってきた通り、歴史を感じる内装。広々と落ち着く空間が広がっており、古民家のような、どこかなつかしい田舎のおばあちゃんちを思い出す空間です。
畳の席もあるようなので、靴を脱いでゆっくりくつろぎたい時に寄ってみてはいかがでしょうか。

 

概要・基本情報
営業時間:11:00~17:00
定休日:月曜~金曜(不定休あり、要電話確認)
住所:〒415-0023 静岡県下田市3-14-6

公式HPはこちら

くしだ蔵

「くしだ蔵」はもともとは蔵として利用されており、それを修復しカフェとして経営しているそうです。下田まち遺産にも登録されています。独特な情緒を醸し出している壁の交差された模様は「なまこ壁」という造りで、

蔵や家屋にも多く使われているようです。歴史を知りながらカフェのルーツを知るのも面白いですね。

 

気になる蔵の中は……。

店内は高い天井になっており、棚にはたくさんのCDが収納されています。カフェと一緒にCDショップも経営されておりミニコンサートも開催されているようです。

 

メニューはトースト、カレーライス、スパゲッティ、ドリンク各種とアルコール類もあります。ランチで寄るのもよし、お酒片手に大人の楽しみ方もできそうですね。

 

概要・基本情報
営業時間:[月曜~土曜]10:00~20:00 [日曜]10:00~18:00
定休日:不定休
住所:〒415-0023 静岡県下田市2-11-12

公式HPはこちら

その他おすすめスポット

中伊豆エリアのカフェ

最後にご紹介するのは中伊豆エリア。伊豆半島中部にあり、海にイメージが強い伊豆とは反対に山に囲まれたエリアです。

伊豆の小京都と呼ばれる修善寺は、人気の観光スポットとなっています。ではさっそく中伊豆エリアのカフェをみていきましょう!

イロドリ(irodori)

伊豆仁田駅から歩いてすぐの古民家カフェ「イロドリ(irodori)」。門構えがしっかりしていて「ほんとにここはカフェ?」と疑う程の重厚感をかんじます。
門をくぐると緑に囲まれた道が続いていてジブリ作品の世界にいるようなワクワクしてくる雰囲気です。

 

あたたかみのある店内

店内は暖色系のライトに包まれたおしゃれな空間が広がっていました。木で統一された家具はとてもあたたかみを感じますね。
どこをきりとっても絵になりそうな店内で、ゆったりとした時間の流れを過ごせそうです。

 

丁寧で繊細さを感じるケーキ

大きな白いお皿にのっているのはメロンのショートケーキです。見た目はすごくシンプルですが、断面の美しさ、添えられたクリームのきめの細やかさが写真からも伝わり、シェフの丁寧さを感じとれます。

 

イロドリ(irodori)は10歳以下のお子様のご入店をお断りし大人だけの空間を演出しています。
静かで大人なカフェタイムをイロドリ(irodori)で過ごしてはいかがでしょうか。

 

概要・基本情報
営業時間:10:00-18:00(L.O.17:30)
定休日:水曜・木曜
住所:〒419-0114 静岡県田方郡函南町仁田195

公式HPはこちら

伊豆いちごファクトリー

「伊豆いちごファクトリー」は伊豆の国市の道の駅”伊豆のへそ”にあるいちごの専門店です。
とにかくどこを見ても” いちご “! 右を見ても左を見ても”いちご”の商品が並んでいます。

 

” 映え “なスイーツと一緒に

店内にはお土産の他に、いちごのスイーツをその場で食べれる”BonBon Berry Cafe”と”BonBon Berry STAND”が併設されています。
メニューもケーキから、プリン、ソフトクリーム、かき氷、ワッフルなどと種類も豊富なので迷ってしまいそう。
どれも可愛らしいスイーツで、映えな写真が撮れそうですね。

 

いちご好きは要チェックな伊豆いちごファクトリーにぜひ足を運んでみてください。

概要・基本情報
営業時間:
物販(お土産コーナー):9:00〜17:00
ボンボンベーカリー(カフェコーナー):10:00〜16:00(L.O.15:30)
ボンボンベリースタンド(ソフト/ドリンクコーナー):10:00〜16:00
住所:〒410-2315 静岡県伊豆の国市田京195-2

公式HPはこちら

Wednesday Coffee Stand

「Wednesday Coffee Stand」は三島駅から徒歩7分ほどのところにあります。外観からとてもオシャレで雰囲気を感じます。
可愛らしい丸い小窓のついたドアの向こうにはをどんな空間が広がっているのでしょうか、気になります。

 

扉の向こうには……。

コンクリートうちっぱなしの壁、木の椅子、木のテーブル、ダウンライト、テーブルに飾られたドライフラワーと、装飾感の少ない落ち着きのある内装です。こんな空間で飲むコーヒーはまた一段と美味しく感じられそうですね!

 

概要・基本情報
営業時間:11:00〜19:00
定休日:水曜
住所:〒411-0857 静岡県三島市芝本町7-5

公式HPはこちら

ベーカリー&テーブル 東府や

最後にご紹介するのは、パン屋さんです。このパン屋さんは伊豆最古の温泉といわれる吉奈温泉にあるホテル、東府やResort&Spa-Izuの中にあります。

 

約30種類のパンとスイーツを、店内またはテラスでいただけます。写真のようなステキな景色を見ながらで食事をとれるので、ちょっとしたリゾート気分を味わえそうですね。

 

驚きの足湯カウンター!

座って驚き! こちらのカウンター席はなんと「足湯」になっているのです。
吉奈温泉で足の疲れを癒やしながら、美味しいパンを食べれるなんて……なんて贅沢なんでしょうか。

伊豆最古の温泉と言われる吉奈温泉で温泉とカフェを楽しんでみてくださいね。

 

概要・基本情報
営業時間:[平日・土曜]10:00~17:00/[日曜・祝日]9:30~17:00定休日:不定休
住所:〒410-3208 静岡県伊豆市吉奈98

公式HPはこちら

伊豆のおしゃれカフェで旅の思い出を

どのカフェも個性が光っていて、SNS映えするポイントがたくさん詰まっていました。
家族、カップル、女子旅と様々なシーンで楽しめそうです。伊豆に訪れた際はぜひ足を運んで旅の疲れを癒やしてくださいね。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

IZU HACK編集部
IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。