【土肥金山】ただの観光坑道ではない!体験型テーマパーク

2020/09/02 更新

半島西側の伊豆市にある「土肥金山」。かつては日本で2番目に金が採れた鉱山でした。現在は観光坑道が整備されており、当時の作業風景などをリアルな人形展示で再現しています。砂金採り体験などもでき、子どもから大人まで楽しめる観光スポットです。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

土肥金山とは

土肥金山炭鉱

出典:PIXTA

伊豆半島の西側、出石土肥にある「土肥金山(といきんざん)」。明治~昭和にかけては新潟県の佐渡金山(佐渡島)に次ぐ、金の鉱山として栄えていました。

閉山後、1972年にテーマパークとして復活。観光坑道が整備されており、当時の作業風景を人形で再現した展示されています。坑道の中はベビーカーで入ることも可能なので、小さなお子さんのいるご家庭も大丈夫。

また砂金取り体験もでき、30分間に30個以上採れば「砂金採り名人」に認定され、名人として登録されます。また記念のキーホルダーも授与されるので、ぜひ挑戦してみてください!

土肥金山の歴史

金粉

室町時代、足利氏の金山奉行がここ土肥を支配しており、金を採掘したことが始まりといわれています。金山としての全盛期は江戸時代で、新潟県佐渡金山に次ぎ日本で2番目の金生産高を誇りました。

その後、昭和40年に鉱量枯渇し閉山していますが、閉山するまでに採れた量は金40トン、銀400トンと言われています。

土肥金山の営業時間

土肥金山の門構え

出典:PIXTA

土肥金山では、体験できるプログラムによって受付の時間が異なりますので、旅行の計画に合わせて時間を確認していきましょう。

各館の営業時間

【観光坑道&黄金館】
9:00~16:30(最終受付)

 

【各館内】
砂金採り体験…… 9:00~16:20

喫茶「金の砂」……土肥金山の公式HPの新着情報よりご確認ください。

土肥金山のアクセス


【車での行き方】
東名高速 沼津IC/新東名 長泉沼津IC
⇒修善寺経由⇒土肥温泉(約65分)

【電車とバスでの行き方】
名古屋駅 ⇒ 三島駅 ⇒ 修善寺駅 ⇒ 土肥温泉
(新幹線 約90分・伊豆箱根鉄道 約35分・バス 約50分)
東京駅 ⇒ 三島駅 ⇒ 修善寺駅 ⇒土肥温泉
(新幹線 約60分・伊豆箱根鉄道 約35分・バス 約50分)

【船での行き方】
東名清水IC ⇒ 清水港 ⇒ 土肥港
(約15分・駿河湾フェリー約65分)

駿河湾フェリー公式HP

土肥金山の料金と割引について

土肥金山の料金や割引情報についての一覧です。お得なネット割引が多数ありますので、行く前にぜひご確認ください。

 

【大人/中学生以上】
一般:1,000円
団体20名以上:900円

 

【小人/小学生以上】
一般:小人 500円
団体20名以上:450円

 

※幼児は無料
※障害者手帳をお持ちの方は、手帳をご提示でご本人様を減免料金として一般料金の半額

【土肥金山の割引チケット】
土肥金山の公式ホームページ

土肥金山の見どころ

黄金館

土肥金山の中でも、一際目立つのが「黄金館」にある巨大金塊。総重量が250kgもあり、世界一としてギネスブックに認定されています。金額にすると、約12億円。金箔で換算すると、畳7000枚以上、東京ドーム2.6個以上といわれています。

隣に置いてある12.5kgの金塊は実際に持つことができるので、金の重みを実感できます。

観光坑道

土肥金山
画像出典:Ryohei Noda

実際に利用されていた坑道の一部を整備し、人形などを使って当時の坑内作業風景の再現をしています。

また坑内には「山神社」と「黄金の泉・銭洗い場」という金運のパワースポットがあり、金の社に触ったり金運アップが叶うかもしれません。

所要時間:約20分

砂金館

土肥金山
砂金館ではパン皿で砂金を採る体験を行っています。30分間に30個以上採れば「砂金採り名人」として、表彰されます。

■砂金採り体験の料金

【一般料金】
大人:750円
小人:650円

 

【団体20名以上での料金】
大人:680円
小人:590円

 

■砂金館の特別イベント

年2回、「1月 砂金採り大会(中学生以上)」「7月 小学生砂金採り大会(小学生限定)」で大会を行っています。友達同士で競い合ってみても盛り上がりますよ。とった砂金は持ち帰る事もできるので、旅行の思い出になりますね。

土肥金山に実際に訪れた人の口コミ

土肥金山に実際に訪れた人の口コミを参考に、西伊豆に行かれた際は土肥金山にいかれてみてはいかがでしょうか。

金山の中は見応えがあり、とても良かったです。砂金取りも、子どもたちが張り切ってやっていて、とても良い思い出となりました。
出典:じゃらん

金運アップのために行ってきました。鉱山は思ったより長くてとても見応えがありました。また、展示されている金塊には触ることもできて感動しました。
出典:じゃらん

入場料以上の価値あり。庭園、坑道、博物館 など、管理が行き届いており、気持ちよく見学できました。時価12億円相当の金塊を触れるのもよかったです。
出典:じゃらん

お金がかかっている施設だと思います。綺麗に整備されています。ただ、いろんなところでお金を使ってもらう工夫が少々うっとおしいところもあります。坑道巡り、面白かったです。砂金すくい体験も少しとれたので、満足しました。
出典:じゃらん

ちょっとお高めだけど…家族で砂金採りは楽しかった。時間に余裕のある方は是非行って見る価値あり!採った砂金は持って帰れます!
出典:じゃらん

土肥金山での食事とお土産

土肥金山
お食事処「葵」には最大で200名様まで可能な団体向け様メニュー、数量限定のシカ肉を使ったイズシカ丼・イズシカカツカレーなど、旅行者の用途にそって多様なお食事を提供しています。

お食事処「葵」

天丼

団体のお客様にも対応ができるほど広い「お食事処 葵」。伊豆で獲れた鹿の肉を使ったイズシカ丼、イズシカカレーや一般的な定食や天丼まで楽しめます。団体様用のメニューについては、予約が必須でありますのでご注意ください。

喫茶「金の砂」

土肥金山での楽しみは、砂金を見る・触るだけではありません。金箔が入った珈琲や紅茶、ソフトクリームなど、味覚で楽しむことも可能です。

純金ソフト(バニラ・抹茶・ミックス)

抹茶ソフト金粉

撮影:編集部

土肥金山に来たからには、食べたい人気の純金ソフトクリーム。純金を添え、少しリッチな気分になれる豪華な賞品。期間限定でびわ味の純金ソフトクリームの販売もしております。

土肥金山で巨大金塊に触れてみよう!

土肥金山

撮影:編集部

土肥金山では黄金館で金を実際に持ったり、観光坑道で昔の金の採取の事を学んだり、砂金採り体験をしたり、体験からたくさんのことを学ぶことができる施設です。ファミリー、カップルにもオススメのスポットですよ。

土肥金山入り口
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

IZU HACK編集部
IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。