IZU HACK > 観光スポット > 土肥金山|「金づくし」のテーマパーク!砂金採りや金箔グルメで金運もアップ?!

土肥金山|「金づくし」のテーマパーク!砂金採りや金箔グルメで金運もアップ?!

伊豆半島の西側、伊豆市にある「土肥金山」。かつては日本第2位の金鉱山でした。現在は整備された観光坑道の見学や砂金採り体験などもでき、子どもから大人まで楽しめる観光スポットです。この記事では施設の見どころや名物グルメ、早咲きの土肥桜などについて紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

「土肥金山」ってどんなところ?

土肥金山炭鉱

出典:PIXTA

伊豆半島の西側、出石土肥にある「土肥金山(といきんざん)」。明治~昭和にかけては新潟県の佐渡金山(佐渡島)に次ぐ、金の鉱山として栄えていました。

 

閉山後の1972年にテーマパークとして復活。観光坑道が整備されており、当時の作業風景を人形で再現した展示されています。また砂金取り体験や、金にまつわる展示など、土肥温泉のランドマークとなっています。

土肥金山の歴史

金粉

出典:PIXTA(イメージ画像)

室町時代、足利氏の金山奉行がここ土肥を支配しており、金を採掘したことが始まりといわれています。金山としての全盛期は江戸時代で、新潟県の佐渡金山に次ぎ日本で2番目の金生産高を誇りました。

その後、1960年(昭和40)に鉱量が枯渇し閉山していますが、閉山するまでに採れた量は金40トン、銀400トンと言われています。

土肥金山のある西伊豆に泊まろう

恋人岬

出典:PIXTA(恋人岬)

土肥金山があるのは、伊豆半島の西側(伊豆市)になります。金山のすぐ近くには「土肥温泉」という温泉街があり、また経由地には「修善寺温泉」も。せっかくならば1泊して、温泉や恋人岬などの景勝地も訪ねるのがおすすめです。

伊豆市の宿を「楽天トラベル」でさがす

中伊豆の宿を「Yahooトラベル」でさがす

土肥金山の見どころや楽しみ方は?

土肥金山

出典:PIXTA

昔は金山があった場所ですが、いまは「金」をテーマにした観光地となっています。金にまつわる展示がされている「黄金館」や、金山閉山前の坑道を歩くことができる「観光坑道」など、ユニークな施設が揃っています。

「黄金館」で時価数10億円の金塊を拝む!

土肥金山の金塊

出典:facebook/土肥金山

土肥金山の中でも、一際目立つのが「黄金館」にある巨大金塊。総重量が250kgもあり、世界一としてギネスブックに認定されています。金額にすると、約12億円。金箔で換算すると、畳7万枚以上、東京ドーム2.6個以上といわれています。

 

隣に置いてある12.5kgの金塊は実際に持つことができるので、金の重みを実感できます。

「観光坑道」で金運アップのパワーチャージ

土肥金山の坑道

出典:PIXTA

実際に利用されていた坑道の一部を整備し、人形などを使って江戸時代の坑内作業風景の再現をしています。
夏はひんやり、冬は暖かい観光坑道はコンクリート舗装なので、ベビーカーや車椅子でも見学が可能です。

 

また坑内には「山神社」と「黄金の泉・銭洗い場」という金運のパワースポットがあり、金運アップが叶うかもしれません。

 

「黄金館」の基本情報

受付時間:9:00〜16:30
所要時間
:約20分
料金:大人1,000円、小人500円(黄金館とのセット料金)

30分間で一攫千金?砂金採り体験の「砂金館」

砂金採り

出典:facebook/土肥金山

砂金館では「砂金採り」の体験ができます。専用のパンニング皿を使用して、あとは砂から砂金を探すだけ!

30分間に30個以上採れば「砂金採り名人」として表彰されます。採取した砂金は、小瓶に入れて持ち帰ったり、キーホルダーなどのグッズを作ることもできます。金運の運試しにぜひ挑戦してみてくださいね。

 

「砂金採り体験」の基本情報

受付時間:9:00〜16:20
体験時間:30分間
料金:大人750円、小人650円

 

土肥金山に実際に訪れた人の口コミ

金山の中は見応えがあり、とても良かったです。砂金取りも、子どもたちが張り切ってやっていて、とても良い思い出となりました。
出典:じゃらん

金運アップのために行ってきました。鉱山は思ったより長くてとても見応えがありました。また、展示されている金塊には触ることもできて感動しました。
出典:じゃらん

入場料以上の価値あり。庭園、坑道、博物館 など、管理が行き届いており、気持ちよく見学できました。時価12億円相当の金塊を触れるのもよかったです。
出典:じゃらん

春には早咲きの「土肥桜」が見られるかも?

土肥桜

出典:PIXTA

金山で有名な土肥ですが、実は河津桜よりも早咲きといわれる「土肥桜」も見どころのひとつです。例年1月中旬〜2月下旬にこの地域だけで咲くという、土肥桜。

土肥金山では開花シーズンにライトアップも開催しているので、真冬の夜桜鑑賞もできますよ。

グルメとお土産も驚きの「金づくし」!

金の砂

出典:facebook/土肥金山

展示も体験も「金づくし」の土肥金山では、グルメも例外ではありません!

施設内にある喫茶店の「金の砂」では、SNSに投稿したくなるような純金ソフトや純金コーヒーと言った「純金グルメ」を楽しむことができます。

土肥金山

撮影:編集部
キラキラしたソフトクリーム、ぜひ食べてみてくださいね。

こんなユニークなお土産も?!

埋蔵金のきんつば

出典:facebook/土肥金山

きんつばの下から、小判チョコの「袖の下(わいろ)」が出てくるというユニークなお土産なども販売されています。金箔を使ったスイーツや、金色のグッズはおめでたい気分になれますよ。

もちろん西伊豆ご当地グルメもあり!

イズシカ丼

出典:facebook/土肥金山(イズシカ丼)

旅の思い出となるネタグルメもありますが、しっかりと食事を楽しむことができる食事処「葵」もあります。

ここでは太刀魚天丼やしらす丼といった海の幸を使ったメニューもありますが、西伊豆はジビエでも有名。鹿肉を使った数量限定の「イズシカ丼」なども提供しています。ジビエ特有の臭みや肉の固さを感じないように加工・熟成した鹿肉をぜひ味わってみては?

土肥金山の営業時間やアクセス

住所:静岡県伊豆市土肥2726
電話:0558-98-0800
営業時間:9:00~17:00(入館受付は16:30まで)
料金:
(観光坑道&黄金館)大人700円、小人500円 (砂金採り体験)大人750円、小人650円
※公式サイトより割引券や割引ありの前売りチケットあり
アクセス:
【公共交通の場合】

伊豆箱根鉄道「修善寺」駅より東海バス乗車−「土肥温泉」バス停下車
【クルマの場合】
東名道「沼津」ICもしくは新東名「長泉沼津」IC−修善寺経由−土肥温泉(約65分)

土肥金山|公式サイト

黄金パワーで元気になれる土肥金山へ行こう

土肥金山

撮影:編集部

土肥金山では黄金館で金を実際に持ちあげて、その重さを体感したり、観光坑道では昔の金採取のことを学んだり、実際に砂金採り体験をしたり……と、多くのことを学ぶことができる施設です。子どもだけでなく大人も発見があるので、ぜひ家族で訪ねてみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ

    ※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

    土肥金山入り口
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう

    関連するおススメ記事

    IZU HACK > 観光スポット > 土肥金山|「金づくし」のテーマパーク!砂金採りや金箔グルメで金運もアップ?!