IZU HACK > 観光スポット > 「天城湯ヶ島温泉」の湯道を歩こう!文人に想いを馳せる散策路

「天城湯ヶ島温泉」の湯道を歩こう!文人に想いを馳せる散策路

川端康成をはじめ、多くの文人を魅了した「天城湯ヶ島温泉」。渓流に沿うように旅館が点在し、地元の人や観光客も利用する共同浴場もあります。共同浴場へ通うために整備された「湯道」があり、現在は宿泊客の散策コースとして人気です。

アイキャッチ出典:撮影 筆者
記事中画像:撮影筆者

天城湯ヶ島温泉の「湯道」って?

天城温泉 湯道 石碑

井上靖の小説『しろばんば』の舞台であり、川端康成をはじめ多くの文人墨客が訪れた「天城湯ヶ島温泉」。

伊豆半島のほぼ中央、石川さゆりの『天城越え』で有名な天城山中にあります。

 

そこには、かつて文人や里人が共同浴場へ通う際に通った散歩道「湯道(ゆみち)」があります。

伊豆の踊子 マンホール

川端康成『伊豆の踊子』マンホール(天城湯ヶ島温泉内)

道中には、川端康成や与謝野晶子など文人、歌人の歌碑が点在し、川のせせらぎや森の香りを感じながら散策ができる場所です。

湯道の特徴

・天城湯ヶ島温泉内の旅館・ホテルの近く(徒歩圏内)

・メインの道は、30~40分ほどで周遊できる
・舗装されているため歩きやすい
・急階段、急坂はない
・自然に囲まれた遊歩道

この記事では、実際に歩いた「湯道」の様子や、筆者が感じた魅力などを紹介します。

 

多くの文人たちが愛した「天城湯ヶ島温泉」に泊まろう!

旧天城トンネル

出典:PIXTA

天城山中にある静かな温泉地は、日常の喧騒から逃れられる、リフレッシュに最適な場所。その環境は、川端康成をはじめ多くの文人を魅了してきました。

温泉地の周辺には、伊豆随一の名瀑「浄蓮の滝」、『伊豆の踊子』を象徴する「天城山隧道(通称:旧天城トンネル)」などがあり、観光もしっかり楽しめます。ぜひ温泉宿に1泊して、天城湯ヶ島を満喫してはいかが?

「楽天トラベル」で湯ヶ島温泉の宿をさがす

Yahoo!トラベル」で湯ヶ島温泉の宿をさがす

「湯道」を歩いてみた

天城湯ヶ島 湯道マップ

写真上は、湯道の全体マップです。赤い点々で示されているのが湯道になります。

 

今回散策したのは、見どころのメイン「出会い橋」がある青丸で囲んだ部分になります。

ここを周遊するだけなら、所要時間は30~40分ほど。青い★印は、最寄りのバス停「湯ヶ島温泉入口」です。

天城湯ヶ島温泉 白壁

今回のスタート地点は、赤い★印がある温泉宿「白壁」から。近くには「湯本館」や「アルカナイズ」といった宿泊施設があります。

道標に沿って進むと、何やら思わせぶりな建造物を発見。説明板によると「木漏れ陽の湯」と呼ばれる飲泉場でした。

木漏れ陽の飲用

残念ながらこの日は温泉が出ておらず、飲むことができませんでした。

天城湯ヶ島温泉 湯道へ続く道

アスファルトで舗装された道を進んでいきます。

木々の間からみえる湯ヶ島温泉

湯道の入口

天城湯ヶ島温泉 湯道 入口

湯道の入口に到着。道幅は大人1人が歩けるくらいで、脇には水路が通っています。一本道なので、そのまま歩いていきます。

天城湯ヶ島湯堂から見る狩野川

湯道から見下ろせる狩野川。森の中を歩いているようで、鬱蒼とした木々に囲まれています。夏でも涼しく散策できそうです。

湯ヶ島温泉 湯道 

閉業している旅館の真下をくぐるという、ちょっぴり珍しい体験をします。

湯ヶ島温泉 湯道

少し進むと道が二手に分かれていますが、写真左側の細い道を進みます。

湯ヶ島温泉 湯道 分岐点

しばらく進むと景色が開け、車道沿いに出てきます。写真手前にみえる「出会い橋」の道標に従って進みましょう!

出会橋(男橋)

湯ヶ島温泉 男橋

ほどなくして、黄色い手すりが目を引く橋が現れました。「男橋」です。

湯ヶ島温泉 男橋からみる風景

男橋から見た狩野川の景色。川の上にかかる渡り廊下のような建物が見えますね。地図をみると、「眠雲閣 落合」という元旅館の一部のようです。

湯ヶ島温泉 男橋 景色

こちらは本谷川側の景色です。

出会橋(女橋)

湯ヶ島温泉 湯道 女橋

男橋を渡ったすぐ先には「女橋」があります。

「男橋」と「女橋」がある場所は、本谷川と猫越川(ねっこがわ)が合流し、狩野川となります。

2つの川が落ち合う場所ということから、「男橋」と「女橋」を合わせて「出会い橋」と名付けられたようです。

狩野川

橋の下を流れる狩野川。水は透き通っており、川底までくっきり見えます。

出会い橋では、例年6月にはゲンジボタルが飛び交う光景を見られるそうです。「天城ほたる祭り」が開催されます。

湯ヶ島温泉 出会い橋

女橋から見た猫越川の景色。左側にある建物は、「水のみち・風のみち 湯ヶ島 たつた」という旅館です。

伊豆で唯一、川床で食事を楽しめる宿なんだそう。

湯ヶ島温泉 女橋からみた狩野川

こちらは狩野川方面。男橋からも見えた渡り廊下と、配線のようなものがかかっています。

 

ここで湯道散策は終わりです!

共同浴場「河鹿の場」

スタート地点の「白壁」のすぐ近くに、古くから利用され続けている共同浴場「河鹿の場」があります。営業時間が13時からなので、注意してください!

【泉質】カルシウム、ナトリウム硫酸塩泉
【効能】神経痛、リウマチなど

所在地:

静岡県伊豆市湯ヶ島1650-3
営業時間:

13:00~16:00
定休日:

水曜日
料金:

大人350円、小人150円
アクセス:

伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺駅」より東海バス「昭和の森会館行き」「湯ヶ島温泉行き」「河津駅行」のいずれかに乗車(約29分)-「湯ヶ島温泉口」下車-徒歩約5分

駐車場:

5台、無料

問合せ:

0558-85-1056(伊豆市観光協会天城支部)

伊豆市観光情報サイト|公式

湯ヶ島温泉「湯道」へのアクセス

公共交通の場合

伊豆箱根鉄道駿豆線「修善寺駅」より東海バス「昭和の森会館行き」「湯ヶ島温泉行き」「河津駅行」のいずれかに乗車(約29分)-「湯ヶ島温泉口」下車-徒歩すぐ

クルマの場合

東名道「沼津」IC-伊豆縦貫道「月ヶ瀬」IC-一般道(約45分)

湯道無料駐車場

45台分の駐車スペースがあります。

湯道を歩き、文人に想いを馳せる

川端康成、井上靖、梶井基次郎、島崎藤村など、多くの文人を魅了した天城湯ヶ島温泉。宿泊した翌朝、少し早起きして彼らが歩いたかもしれない「湯道」を散策してみませんか?

ITEM
伊豆の踊子
出版社:集英社
作者: 川端康成
発売日:1977年05月30日
ITEM
しろばんば
出版社:講談社
作者:井上 靖
発売日:2009年04月02日

こちらの記事もどうぞ

 

紹介されたアイテム

伊豆の踊子
しろばんば

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

IZU HACK > 観光スポット > 「天城湯ヶ島温泉」の湯道を歩こう!文人に想いを馳せる散策路