IZU HACK > エリアガイド > 鎌倉殿の13人|北条義時ってどんな人?伊豆で「ゆかりの地」を巡ってみよう!

鎌倉殿の13人|北条義時ってどんな人?伊豆で「ゆかりの地」を巡ってみよう!

2022/01/04 更新

22年のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。その主人公・北条義時や源頼朝、北条政子などのゆかりの地が多くある、伊豆の国市。この記事ではドラマの概要や登場人物と出演者、執権政治のことなどを紹介しながら、伊豆の国市にあるゆかりの地をめぐっていきます!

三谷幸喜の大河ドラマ3作目『鎌倉殿の13人』とは?

北条義時

出典:illustAC/u-base(北条義時)

2022年より放映予定のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。脚本家・三谷幸喜が3回目の脚本を手掛けるということで、話題を集めています。

 

三谷幸喜が脚本を担当した大河ドラマは以下の2作。このことからも期待度が高いことがうかがえます。

2004年『新選組!』(主演:香取慎吾)
三谷幸喜初の大河ドラマ脚本。「近藤勇の人生における重要な49日」を取り上げ、語りなしなど“新しい大河ドラマ”を切り開いた作品に。

2016年『真田丸』(主演:堺 雅人)
大河ドラマ初の真田信繁(幸村)が主人公となった作品。織田信長などの主要人物がナレーションだけで死を伝えられる「ナレ死」が話題に。

放映開始は2022年1月9日(総合テレビ)、主演は小栗 旬です。ほかのキャストも、片岡愛之助や大泉洋、菅田将暉、新垣結衣、佐藤浩市とそうそうたるメンバーが固め、語りは『真田丸』で人気キャラクターだった“きりちゃん”を演じた長澤まさみが務めます。

ところで、「13人」って誰を指す?

鎌倉殿の13人

出典:illustAC/rty

「鎌倉殿」というのは、鎌倉幕府を開いた源家の将軍や鎌倉幕府そのものを指しています。「13人」というのは、初代将軍・源頼朝の長男であり、2代目将軍・源頼家の時代に幕政を「有力な御家人たちによる合議制」で行った際の13人を指しています。

 

なぜ合議制が取り入れられたかというと、頼朝の急死により家督を継いだとき、頼家は若干18歳。カリスマ性と実力のあった父に対して、未熟で若い頼家に対しての反対勢力やそれによる幕府崩壊を防ぐために用いられた苦肉の策だったのです。

【13人の合議制】※カッコ内は2021年12月時点で発表されている演者
北条義時(小栗 旬)
北条時政(坂東彌十郎)
大江広元(栗原英雄)
三善康信(小林 隆)
三浦義澄(佐藤B作)
和田義盛(横田栄司)
比企能員(佐藤二朗)
安達盛長(野添義弘)
梶原景時(中村獅童)
足立遠元
二階堂行政
中原親能
八田知家

物語の主人公は「北条義時」!

家系図

13人の合議制が取り入れられたことで幕府崩壊は免れましたが、そのなかで徐々に将軍の威厳は低下。そこで生まれたのが「執権政治」です。

 

執権(別当政所)とは、幕府の政所(まんどころ)の長官で、将軍を補佐した最高職。補佐する役割だった執権が実質的な政権を握り、政治を行うのが「執権政治」です。鎌倉幕府で最初にその職に就いたのが、13人のひとりである北条時政です。時政は頼朝の妻である北条政子の父親。今回の主人公である北条義時は時政の息子でもあり、13人のひとりです

 

北条時政、義時と続いた執権政治は、のちに100年以上も続くこととなったのです。

鎌倉だけじゃない!伊豆が舞台となる理由

北条政子 源頼朝

出典:PIXTA(蛭ヶ島小公園の北条政子・源頼朝像)

鎌倉幕府=鎌倉が舞台だというのに、なぜ「伊豆」が舞台になるのか? この理由には「頼朝の流刑」「北条家の拠点」があります。

 

1159年(平治元年)12月に起こった「平治の乱」にて、源氏は平清盛に敗れます。頼朝はそのとき14歳。一命は取り留めたものの、罪人として伊豆の蛭ヶ島 (ひるがしま)へ流刑になり、14〜34歳までを伊豆で過ごしました。

 

そのときに伊豆を拠点とする豪族の北条時政の娘・北条政子と結ばれたのです

主な舞台となるのは「伊豆の国市」

伊豆の国市

北条氏の拠点となったのは、北条氏の拠点となった伊豆国高田郡北条。現在の「伊豆の国市」になります。ユネスコの世界文化遺産に登録されている「韮山反射炉」がある町。

JR東海道線・新幹線の三島駅から伊豆箱根鉄道に乗り換えて3駅先。韮山駅近辺に北条氏にまつわる史跡が多く残っています。

 

歴史を感じながら伊豆で1泊!

伊豆長岡温泉

出典:PIXTA(伊豆長岡温泉)

北条氏の拠点となった伊豆国高田郡北条(現在の伊豆の国市)の周辺には、伊豆長岡温泉や修善寺温泉などもあり、ゆっくりと宿で温泉を楽しむことができます。
ぜひ1泊して、ゆかりの地や周辺の観光地もめぐってみましょう!

ITEM
『鎌倉殿の13人 北条義時とその時代』
発行元:NHK出版
発行年月:2021年11月30日
ページ数:160p
ISBN:9784149110530

ITEM
『るるぶ鎌倉殿の13人』
発行元:JTBパブリッシング
発行年月:2021年12月25日
ページ数:80p
ISBN:9784533147524

ITEM
『松村邦洋「鎌倉殿の13人」を語る』
発行元:プレジデント社
発行年月:2021年12月14日
ISBN:9784833424400

北条義時ゆかりの地をめぐる

 

伊豆の国市を流れる狩野川をはさんで、西を「義時コース」、東を「政子コース」として、北条家にゆかりのある地を紹介していきます。

 

バスなどの公共交通も利用できますが、のんびり歩きながら散策することも可能ですよ。

北条義時邸跡|江間小次郎義時が過ごした地

江間公園 北条義時邸跡

出典:PIXTA

北条義時は青年時代には「江間小次郎義時」と名乗っていましたが、そのころに屋敷を構えていたのがこのあたりと伝えられています。一角に「北條義時屋敷跡」の石碑が建てられています。現在は「江間公園」となり、広い芝生広場のある憩いの公園となっています。

住所:静岡県伊豆の国市南江間828-4
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅−「グラウンド入口」バス停下車、徒歩3分

北條寺|白い彼岸花が咲く北条家ゆかりの寺

北条義時 墓所

出典:PIXTA

義時が建立した北条家ゆかりの寺で、境内には義時夫妻の墓があります。ほかにも義時の嫡子である安千代が大蛇に襲われて亡くなった際に運慶に命じて作らせた阿弥陀如来像や、北条政子が奉納したと伝えられる観世音菩薩像や牡丹鳥獣文繍帳が拝観できます。

 

秋には珍しい白色の彼岸花が見られることでも知られています。

住所:静岡県伊豆の国市南江間862-1
電話:055-948-1399
拝観料:大人500円、小人200円
定休日:水曜
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅−伊豆箱根バス「千代田団地行き」乗車−「江間公園入口」もしくは「江間」バス停下車、徒歩5分

豆塚神社|承久の乱で勝利を祈願

豆塚神社

出典:PIXTA

御祭神は石徳高命(いわとこたけのみこと)。1740年(元文5)に義時が「小池堀丸山にあった社殿を移して再建した」と梁銘に記されています。

 

1221年の承久の乱にて後鳥羽上皇率いる天皇軍に勝利した義時が崇めていたことより「必勝祈願」「心願達成」のご利益があるとか。

住所:静岡県伊豆の国市北江間3
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅より徒歩20分

大師窟|お経を納めた横穴古墳群

北江間にある横穴墓(大師山横穴古墳群)は7〜8世紀に作られたものですが、ここに義時がお経を納めたと伝えられています。

 

国の指定史跡であり、海底にたまった火山灰の地層に掘られた遺跡です。発掘したままの状態で観察ができるため、鎌倉時代以前の歴史においても興味深い場所ですよ。なお横穴古墳群には「大北横穴群」と「大師山横穴群」があります。

住所:静岡県伊豆の国市北江間
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅下車、タクシーで15分

珍場神社|夭逝した息子を祀った神社

珍馬神社

出典:PIXTA

義時の嫡男である安千代が亡くなり、若宮八幡神として祀ったのが、この珍場(ちんば)神社です。かつては「第六天社」と呼ばれていたそうです。

住所:伊豆の国市北江間1171
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅より伊豆箱根バス「千代田団地行き」乗車−「団地入口」バス停下車、徒歩2分

北条政子ゆかりの地をめぐる

狩野川西側の「政子コース」は、「義時コース」よりもエリアがコンパクト。伊豆箱根鉄道「韮山」駅より徒歩15分程度のところにある、北条氏の拠点であった「守山」周辺にスポットが集まっています。せっかくなので、韮山駅の東側にある「蛭ヶ島」も併せてめぐってみるのがおすすめです。

北条政子産湯之井戸|いまは安産祈願の井戸に

北条政子産湯之井戸

出典:PIXTA

1157年(保元2)に誕生した、源頼朝の妻・北条政子。その産湯の水をとったのがこの井戸だと伝えられています。安産の霊験があるとして、安産祈願に妊婦が訪れていました。

住所:静岡県伊豆の国市寺家23
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅より徒歩13分

北条氏邸跡(円成寺跡)|守山で登頂証明書をゲット!

北条氏の館があった場所です。平成に行われた発掘調査で建物跡が発見され、館跡であると確認されました。また鎌倉幕府滅亡後に鎌倉より再び韮山に戻った一族が北条氏の冥福を祈り、円成寺を建立。その寺も江戸時代まであったと言われています。現在は国指定史跡となっており、本格的な整備が完了するまでのあいだは一部が一般公開されています。

 

この館跡があるのが、守山の麓の守山西公園。守山は101.8mの小さな山ですが、山頂の展望台ではドラマを観て訪れた来訪者のために「守山登頂証明書」を配布しています。ドラマ放映の1年間のみ配布される証明書、ぜひ手に入れてみてくださいね。

住所:静岡県伊豆の国市寺家13
公開期間:2021年4月1日〜整備工事開始まで
公開時間:9:00〜17:00
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅より徒歩約18分

眞珠院 八重姫御堂|新垣結衣演じる、悲劇の姫

眞珠院 八重姫御堂

出典:PIXTA

八重姫とは、源頼朝の最初の妻。千鶴丸という子が生まれましたが、流刑の身である頼朝との子であったため、父親である伊東祐親の怒りにより子は殺害され、2人は離れ離れに。その後入水し命を絶ったと言われています。八重姫の悲恋と死の物語から、女性の守り神として信仰され、例年4月の第2日曜に「八重姫供養祭」が執り行われています。

 

大河ドラマでは八重姫役を新垣結衣が演じることもあり、注目です!

住所:静岡県伊豆の国市中條2
電話:055-949-3544
拝観時間:9:00〜17:00
アクセス:伊豆箱根鉄道「伊豆長岡」駅より徒歩12分

願成就院|頼朝と政子が出会った運命の地

願成就院

出典:PIXTA

願成就院(がんじょうじゅいん)は北条家の氏寺として、時政が建立しました。造営は義時・泰時と3代に渡って行われ、大きな池と浄土庭園を持つ壮大な寺院であったことが、発掘調査によりわかりました。

 

境内には78歳で没した北条時政の墓があります。また御神木の梛(ナギ)の木の下で、源頼朝と北条政子が出会ったと伝えられています。そのため、良縁成就を祈願する参拝者も多くいます。
北条時政 墓所

出典:PIXTA(北条時政の墓)
住所:静岡県伊豆の国市寺家83-1
電話:055-949-7676
拝観時間:10:00〜16:00(最終受付15:00)
休館日:火・水曜、その他行事の日(公式サイトで要確認)
拝観料:大人700円、中高生400円、小学生200円

願成就院|公式サイト

成福寺|北條一族を弔う蓮の寺

成福寺

出典:PIXTA

1289年(正応2)に鎌倉幕府8代執権北条時宗の子である、北條正宗が北條一族の菩提を弔うために開創した寺です。境内には北條一族の供養塔があります。

 

またこの寺は蓮の名所としても有名。6月中旬〜8月初旬に咲き、人々の目を楽しませています。

住所:静岡県伊豆の国市四日町981
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅より徒歩10分

蛭ヶ島公園|富士を望む、頼朝と政子の像

蛭ヶ島公園

出典:PIXTA

源頼朝が配流された「蛭ヶ島(ひるがしま)」。その歴史を伝える石碑と、頼朝と政子が富士山を望む「蛭ヶ島の夫婦」という像があります。

 

公園内の休憩所「蛭ヶ島茶屋」ではお茶のサービスもあるので、のんびり過ごすのもおすすめ。

住所:静岡県伊豆の国市四日町17-1
電話:055-949-5582(蛭ヶ島茶屋)
アクセス:伊豆箱根鉄道「韮山」駅より徒歩10分

「大河ドラマ館」で作品の世界観を味わおう!

伊豆の国市では『鎌倉殿の13人』の放送にあたって、「鎌倉殿の13人 伊豆の国 大河ドラマ館」を開設。

ドラマのメイキング映像やパネル紹介などで、作品の世界を紹介する予定です。

開設期間:2022年1月15日〜2023年1月15日(予定)
住所:静岡県伊豆の国市四日町772(韮山時代劇場内)
電話:055-949-8606
開館時間:9:00〜17:00
休館日:水曜(祝日の場合は翌日以降の平日) ※2022年1月〜2月末、4月29日〜5月8日は無休
料金:一般400円、中学生以下100円

大河ドラマ館|公式サイト

源頼朝ゆかりの地をめぐる

伊豆に配流となった源頼朝は、平氏打倒、源氏再興を「三嶋大社」で祈願をしていました。また関東武士の崇敬を受けてきた「箱根神社」、頼朝と政子が結ばれた「伊豆山神社」も頼朝とゆかりのある神社です。平氏を倒し、鎌倉に幕府を立てた後も、「三社詣出」として伊豆山権現、箱根権現、三嶋大明神を参詣していたと言われています。

 

三嶋大社では、この三社を巡るための「三社詣専用御朱印帖」(200円)が販売されているので、ぜひそれを持って巡ってみてください!

三嶋大社|頼朝も詣でた勝負事の神様

三嶋大社 拝殿

出典:PIXTA

大山祗命(おおやまつみのみこと)と積羽八重事代主神(つみはらえことしろぬしのかみ)の御二柱の神を「三嶋大明神」として祀っています。頼朝が描かれた「源頼朝旗挙出世絵馬」は就職や受験などの勝負事の祈願をする人たちに人気です。
三嶋大社 絵馬

出典:PIXTA(三嶋大社の絵馬)

また三嶋大社は桜の名所としても知られています。2月中旬の河津桜から4月中旬の八重桜と、桜を楽しめる期間が長くなっており、夜桜ライトアップもされます。
三嶋大社の桜

出典:PIXTA(三嶋大社の桜)

 

「三嶋大社」の基本情報

住所:静岡県三島市大宮町2-1-5
電話:055-975-0172
アクセス:JR東海道線「三島」駅より徒歩15分

三嶋大社|公式サイト

伊豆山神社|2人の絆を感じる腰掛石

伊豆山神社

出典:PIXTA

伊豆山神社は強運守護、福徳和合、縁結びの神様として親しまれています。境内には頼朝と政子が腰をかけて、愛を語らったと言われる「腰掛石」があります。2人の絆にあやかりたい人はぜひ訪ねてみてくださいね。
腰掛石

出典:PIXTA(源頼朝・北条政子の腰掛け石)

 

「伊豆山神社」の基本情報

住所:静岡県熱海市伊豆山708-1
電話:0557-80-3164
アクセス:JR東海道線「熱海」駅より東海バス「伊豆山神社行き」乗車−「伊豆山神社前」バス停下車

伊豆山神社|公式サイト

箱根神社|歴代将軍も参拝した関東総鎮守

箱根神社

出典:PIXTA

関東総鎮守である箱根神社の創建は757年。「運開きの神様」として信仰されています。頼朝の信仰が厚く、鎌倉幕府歴代将軍も参拝し「関東守護」「関東鎮守」を言われていました。

 

現在では「パワースポット」としても注目されており、箱根神社の境外社として創建された「九頭龍神社」は縁結びの神様として女性に大人気。毎月13日の「月次祭」には多くの人が参拝に訪れます。

 

「箱根神社」の基本情報

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
電話:0460-83-7123
アクセス:JR東海道線「熱海」駅より伊豆箱根バス「元箱根行き」乗車−「元箱根」バス停下車、徒歩10分

箱根神社|公式サイト

ゆかりの地を巡ると、大河ドラマの世界がより身近に!

1年間という長いスパンで放映されるNHK大河ドラマ。北条義時をはじめとし、登場人物たちや彼らが織りなす人間模様、歴史の世界にぐっと入り込むことができるはず。

 

三谷幸喜という名脚本家が描き出す『鎌倉殿の13人』。北条氏や頼朝などが生きた地をぜひめぐってみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ

1

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

IZU HACK > エリアガイド > 鎌倉殿の13人|北条義時ってどんな人?伊豆で「ゆかりの地」を巡ってみよう!