IZU HACK > エリアガイド > 『東京放置食堂』を観て行ってみた!伊豆大島で1泊2日のキャンプ旅

『東京放置食堂』を観て行ってみた!伊豆大島で1泊2日のキャンプ旅

熱海からジェット船で45分。ドラマ『東京放置食堂』の舞台となった伊豆大島へロケ地めぐりの旅へ。懐かしい港町・波浮港での散策や活火山の三原山登山、島グルメに離島キャンプと1泊2日の旅を紹介します。

※出典表記のない記事中の写真はすべて編集部撮影

深夜25時、『東京放置食堂』というドラマを観た

テレビ東京の深夜ドラマと言えば、『孤独のグルメ』『忘却のサチコ』『ひとりキャンプで食って寝る』などなど、“深夜飯テロ”系とも呼ばれるものが多くあります。そこで2021年9月に始まったのが『東京放置食堂』(現在は放映終了)。

 

人を裁くことに疲れて東京を出た元裁判官の主人公・真野日出子(片桐はいり)がやってきたのは、東京から120キロ南の太平洋に位置する「大島」。

そこで日出子は、島で生まれ育った小宮山渚(工藤綾乃)と出会い、ひょんなことから、渚が祖父から受け継いだ、居酒屋『風待屋』を手伝うことに。いつからか、そんな居酒屋に人生に悩みを抱える客が顔を出すようになる。

東京にある島だからこそ交差する人間模様と、大島だからこそ振る舞えるグルメがじんわりと優しく繰り広げられる人情味あふれる島の物語。

 

30分ドラマでしたが、三原山やバームクーヘン(もとい角煮)と呼ばれる地層大切断面といった名所や、懐かしい雰囲気の港町・波浮港(はぶみなと)、べっこう寿司やアシタバのおひたし、くさやや島焼酎といった島グルメなどなどが、ぎゅっと詰め込まれていました。

 

……これはやばい!ということで、編集部員の自腹旅で行ってきました。

問題勃発!そもそも伊豆大島は「伊豆」なのか?

品川ナンバー

大島で借りたレンタカー。まさかの「品川ナンバー」。

ところで、ドラマでも「放置された東京」と紹介されている伊豆大島。実は静岡県ではなく、東京都なのです。

 

IZU HACKとしては「伊豆に入れていいのか?」問題もあるのですが、熱海や伊東からもジェット船で片道約1時間なので「あり!」という判定。

風待ちの小さな港「波浮港」でロケ地めぐり

波浮港

高台から見下ろした波浮港。路地沿いに民家や商店がある小さな港町です。

ドラマの主な舞台となるのは、日出子と渚が働く居酒屋「風待屋」がある港町。大島南部の波浮港(はぶみなと)というエリアになります。

 

9世紀初頭にできた火山湖の縁が江戸時代に崩れて海とつながったという港です。崖に守られている立地から“風待ち港”として寄港する船で賑わいました。

このエリアへのアクセスは、船が到着する元町港からクルマの場合は約25分、路線バスの場合は約30分です

実は素敵なカフェ!舞台となった居酒屋「風待屋」

風街屋

コロナウイルス感染症対策での入店人数制限があったため、立ち寄りできず。次回は行きたい!

いちばん左の建物が「風待屋」のロケにも使われた「Hav Cafe」。実際には居酒屋ではなく、落ち着いた雰囲気のカフェです。トラベルジャーナリストの女性が営んでおり、外からもセンスの良さがうかがえました。

貯氷庫

ドラマ内では洞窟のような内部になっていました。

上の写真はカフェの横にある貯氷庫。ドラマ内で日出子が居酒屋の客を連れ出し、ここで交わされる会話(お説教?)もドラマの見どころのひとつでした。

東京放置食堂のポスター

ドラマ内では波浮港のほかにも、「泉津の切通し」など大島の名所がさりげなく登場していました。

波浮港の商店には『東京放置食堂』のポスターが。このエリアのお店には、主演の片桐はいりさんのサイン色紙が飾られていました。

歴史と文学の町をぶらり散歩

波浮港の町並み

営業している商店は少ないですが、「Hav Cafe」のほかにも寿司屋や素泊まり民宿などがあります。

波浮港の町には石畳の敷かれた路地があります。この港へ多くの船が着き、船員や観光客で賑わった往時を偲ばせる建造物も現存しています。

みなとや

資料館内は無人ですが、英語のアナウンスなどが流れています。

石畳の道から高台へと登る階段の途中にある「港屋旅館」。ここは明治初期に建てられた木造建築で、現在は「踊り子の里資料館 みなとや」として、当時の様子を伝える資料を展示しています。

踊り子坂

この階段はよく滑るので、赤い滑り止めの部分を歩きましょう。

急な階段を登っていく途中には、文学碑がいくつかあります。港が栄えていた時代には、文人や画家などの文化人も多くこの町に逗留や観光に訪れていました。その歴史を伝えています。

林芙美子の文学碑

『放浪記』で知られる、作家林芙美子の文学碑。

坂を登りきった高台には「旧甚之丸邸」があります。ここは明治期の建築で、高価な大谷石の堀やなまこ壁などが施されており、踊り子を呼び来客をもてなした華やかな時代を偲ぶことができます。

旧甚之丸

高台にある「旧甚之丸邸」。この高台エリアには定食屋や古民家を改装したゲストハウスなどが点在しています。

小腹が空いたら……「鵜飼商店」のコロッケ!

鵜飼商店

揚げたてののれんに偽りなし。5分ほどで揚げてくれます。

小高い丘へと階段を登ったりすると、小腹が空いてきました……。

そんなときに立ち寄りたいのが「鵜飼商店」です。ここの名物は注文してから揚げてくれる、サクサクのコロッケ。値段はなんと1個65円! ほかにもハムカツや唐揚げなどがあります。

鵜飼商店のコロッケ

港を眺めながらのつまみ食い。メンチカツもおすすめです。

 

鵜飼商店

住所:東京都大島町波浮港1
電話:04992-4-0521
営業時間:9:00〜18:00
定休日:水曜

地層&火山!大島でダイナミックな地球を感じる

伊豆大島

出典:PIXTA

『東京放置食堂』のメインのロケ地となった波浮港を離れ、伊豆大島らしい自然を満喫しにいきます。まず向かったのは、島の西部にある「地層大切断面」です。

地層大切断面

長さ約630mとスケールも抜群。思わず写真を撮りたくなります。

バウムクーヘンとも豚の角煮(?)とも呼ばれる、このダイナミックな地層。1953年の道路建設工事のときに山を削り発見されました。約2万年のあいだに起こった噴火による噴出物でできた縞模様は、まさにこの島の歴史そのもの。

 

つい見とれてスピードを落としてしまいますが、路肩に駐車スペースがあるので、クルマの場合はそこに駐車してからじっくり見物してくださいね。

3時間でお鉢めぐりも。三原山登山へ

三原山

出典:PIXTA

伊豆大島の中央部にあるのが、三原山。島民からは「御神火様(ごじんかさま)」と崇められている、標高758mの活火山になります。

 

今回登ったのは、大島温泉ホテル起点でお鉢めぐりをする「温泉ホテルコース」。スタートとゴールが同じ場所のピストンなので、レンタカー利用の人にもおすすめです。

 

登山道はよく整備されており、また山の全容を眺めながらゆっくりと標高を上げていくため、ハイキング感覚で登ることができます。ゴールに温泉があるので、下山後に一風呂浴びることもできますよ。

 

【温泉ホテル往復コース|約3時間18分/約9.5km】
大島温泉ホテル(40分)→テキサスルート分岐→三原温泉分岐(5分)→三原神社(3分)→火口展望台(20分)→火口展望所(15分)→剣ガ峰(10分)→三原温泉分岐(25分)→テキサスルート分岐(40分)→大島温泉ホテル

※三原山は活火山です。気象庁の「伊豆大島の活動状況」など最新の状況を確認のうえ登りましょう

温泉ルート

木々がアーチ状になった「こもれびトンネル」を通って、開けたススキ野原へ。

大島温泉からスタート。地面は通常の土ではなく、スコリアと呼ばれる黒い火山岩で覆われています。秋は美しいススキ野原も楽しめます。

三原神社

鳥居の下にうっすらと肉眼では富士山が見えました。

三原神社分岐から反時計回りに「お鉢めぐり」をします。5分ほどで「三原神社」に到着。全島避難となった1986年の噴火の際には、溶岩流が神殿を避けて流れを変えたという不思議な現象があったといいます。天気が良く、霞が少なければ、鳥居の先に富士山が見えます。

ゴジラ岩

溶岩が作り出す造形はユニークで面白い!

溶岩が作り出したさまざまな岩。そのなかでもフォトジェニックなのが「ゴジラ岩」。1986年の噴火の際にできたものだそうですが、よーく見るとゴジラの横顔にも見えてみます。

三原山噴火口

深い火口は噴火のパワーを感じさせます。水蒸気が出ている箇所もありました。

お鉢めぐりのメインとも言えるのが、この巨大噴火口。直径約300m、深さ約200mという巨大な火口は、改めて自然への畏怖を感じさせてくれます。

 

ちなみにお鉢めぐりでは、会話もままならないほどの強風が吹くことがあります。ウインドブレーカーなどの上着を持参し、帽子などが飛ばされないように注意しましょう。

お鉢めぐり

お鉢めぐりの登山道。整備されていて歩きやすいのでスニーカーでOKです。

 

大島温泉ホテル

住所:東京都大島町泉津木積場3-5
電話:04992-2-1673
料金:(日帰り入浴)大人800円、小人400円

大島温泉ホテル|公式サイト

夜はキャンプで1泊。地元食材を堪能

トウシキキャンプ場

昼間のトウシキキャンプ場。さえぎるものがなく、夜は星空も楽しめます。

伊豆大島の島内には、島南部の「トウシキキャンプ場」と島西部の「海のふるさと村」の2つのキャンプ場があります。

 

「トウシキキャンプ場」は管理棟やレンタルなどはない“基本ほったらかしスタイル”。一方、「海のふるさと村」はフリーテントサイトだけでなく、ロッジやテントレンタル、食器セットなどのレンタルもあり、食材以外は手ぶらで利用できるので、キャンプ初心者にも安心です。いずれも宿泊の場合は要予約です。

 

今回の旅では、トウシキキャンプ場を利用しました。ほったらかしスタイルですが、きれいに清掃されているトイレや炊事棟、ゴミ捨て場もあり、とても快適でした。

 

トウシキキャンプ場

住所:東京都大島町差木地字クダッチ
電話:04992-2-1446(大島町役場観光課)
開設期間:通年
料金:無料(要予約)
予約方法:大島町役場観光課に電話で事前予約(9:00〜17:00)

大島町|トウシキキャンプ場

スーパーを活用!地元食材でキャンプごはん

島焼酎と刺身

大島の島焼酎「御神火」とスーパーで買った刺身。海らしいキャンプごはんです。

サビのすり身汁

サビのすり身を使ったつみれ汁。地物を使ったごはんも旅キャンプの醍醐味です。

晩ごはんの買い出しは元町界隈のスーパー(ショッピングセンターべにや)や鮮魚店でまとめて行いました。お酒は島焼酎の「御神火」、地物の刺身が進みます。「サビ」と呼ばれる深海魚のすり身と名産のアシタバを使ったつみれ汁は、醤油の味付けだけでも絶品。

 

ショッピングセンターべにや

住所:東京都大島町元町1-8
電話:04992-2-2051
営業時間:9:00〜19:00
定休日:無休

ほかにもある!伊豆大島の島グルメを紹介

1泊2日の滞在では、立ち寄りや買い食いをする時間も十分。今回の旅で実食済みのお墨付き島グルメを紹介します。

辛い!でもやめられない「べっこう寿司」

べっこう寿司

表面についた赤や緑のみじん切りが唐辛子。島の唐辛子は小さいけど辛さが強い!

お寿司といえばワサビですが、伊豆大島では唐辛子醤油に漬けた刺身を使った郷土料理の「べっこう(寿司)」をぜひ。目鯛など魚はいろいろあるようですが、漬けにすることで身がきゅっと締まっています。

 

甘めの酢飯と唐辛子醤油の辛さ、魚の旨みと、ついつい頬張ってしまいますが、けっこう辛いので注意! 寿司店やフェリー乗り場界隈の飲食店、島内のスーパーでも販売されています。

新鮮な牛乳を使った「アイスクリーム」

大島牛乳

「ぶらっとハウス」の乳牛たち。タイミングが合えば餌やり体験もできるかも?

大島のスーパーなどを訪れると目に入るのが、レトロな「大島牛乳」。かつては“東洋のホルスタイン島”と呼ばれるほど酪農が盛んだった伊豆大島。現在は小規模ながらも乳牛を育て、その酪農文化が受け継がれています。

 

島の農産物直売所「ぶらっとハウス」の横では、写真のように牛たちがお出迎え。直売所では、大島牛乳をベースに島の農産物などを使ったジェラートを食べることができます。

ぶらっとハウスのジェラート

ジェラートは大島産パッションフルーツをセレクト。果肉感もあり、爽やか。

 

ぶらっとハウス

住所:東京都大島町岡田字新開87−1
電話:04992-2-9233
営業時間:9:00〜16:00
定休日:無休

 

ぶらっとハウス|公式サイト

伊豆大島へのアクセスや島内での交通

ここでは伊豆大島へのアクセスや島内での交通などを紹介します。

熱海・伊東からのアクセス

伊豆大島へは東京竹芝や横浜大さん橋からの大型客船・ジェット船でのアクセスが主流ですが、熱海や伊東からも毎日ジェット船が就航しています。うまくスケジュールを組めば、日帰りでの来島も可能です。

 

運行本数:熱海⇔大島は1日1往復、伊東⇔大島は土日のみ運航
運賃:時期によって変動あり

 

東海汽船|公式サイト

島内での移動手段

島内での移動手段としては、公共交通(路線バス)やタクシーのほか、レンタサイクル/レンタバイク/レンタカーがあります。それぞれのメリット&デメリットを紹介します。各交通手段の詳細は観光協会のサイトにまとまっています。

路線バス:主要な観光スポット(波浮港、三原山温泉、地層断面など)にもバス停があるが、本数が限られているので効率よくまわるには不向き。
タクシー:流しはないので貸切がベター。レンタカーに比べると割高。
レンタサイクル:免許証が不要で手軽。坂道も多く(特に島東部)、風が強いときには体力勝負。電動アシスト自転車を選ぶのがおすすめ。
レンタバイク/レンタカー:免許証が必要。レンタカーは荷物を車内にデポできて便利。

大島観光協会|島内交通

大島バス(路線バス)|公式サイト

伊豆半島のその先へ。島旅を満喫しよう!

東海汽船のジェット船

ジェット船なら熱海から45分で島に到着!

今回は『東京放置食堂』がきっかけの1泊2日の島旅でしたが、町散策、登山、温泉、島グルメ、ドライブ……と満喫。ドラマ内では“放置された東京”と紹介されていた大島にはコンビニもありません。のんびりとした時間が流れる島旅をぜひ楽しんでみてくださいね。

「楽天トラベル」で伊豆大島の宿をさがす

「Yahoo!トラベル」で伊豆大島の宿をさがす

こちらの記事もどうぞ

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

東京放置食堂
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

IZU HACK > エリアガイド > 『東京放置食堂』を観て行ってみた!伊豆大島で1泊2日のキャンプ旅