IZU HACK > 観光スポット > 「伊豆山神社」平安のラブロマンスが生まれた縁結びのパワースポット

「伊豆山神社」平安のラブロマンスが生まれた縁結びのパワースポット

2021/10/11 更新

熱海市の伊豆山に鎮座する「伊豆山神社」は、恋愛成就、縁結びの神社で知られる愛のパワースポット。また鎌倉幕府を開いた源頼朝と、正妻の北条政子が出会い、愛をはぐくんだ場所でもあります。そんな伊豆山神社の見どころ、アクセス情報などをご紹介。

アイキャッチ画像出典:筆者
記事中画像出典:筆者

伊豆山神社ってどんな所?

伊豆山神社 入口

熱海市の伊豆山地区に鎮座する「伊豆山神社(いずさんじんじゃ)」は、恋愛成就、縁結びの神社で知られています。

 

なぜ”縁結びの神社”として知られているのか。

それは遡ること千年以上昔、後に鎌倉幕府を開く頼朝と北条政子が結ばれた場所だからです。

当時は珍しい、恋愛結婚で結ばれた2人

源頼朝 北条政子 夫婦

出典:いらすとや(作成:編集部)

時は平安時代。武士や貴族の略結婚が当たり前で、北条政子にはすでに親が決めた許嫁がいました。

しかし流人として伊豆国へ流された源頼朝と出会い、恋仲となったのです。

 

父・北条時政に猛反対されるものの、政子の情熱は冷めることなく、駆け落ち同然でふたりは結ばれます。

その場所が伊豆山神社であり、根負けした時政は二人の結婚を認めたのです。

 

こんな本を発見。源頼朝と北条政子のエピソードもあるそうで、気になります…!

ITEM
胸キュン?! 日本史 [ 堀口 茉純 ]
発行年月:2020年03月05日
ページ数:160p

歴史作家&歴史タレント・堀口茉純が伝説のカップルたちのラブラブエピソードを通して、日本史を大概説。

伊豆山神社を参拝しよう

伊豆山神社へは、JR熱海駅からバスで10分ほど。しいアクセスは3ページ目で紹介しています。

参道入口

バス停「伊豆山神社前」で下車すれば、本殿まで5分もかかりません。

伊豆山神社 参道

白い鳥居を3つくぐります。

伊豆山神社 参道の階段

なかなかの階段。およそ170段あるようです。

本殿

伊豆山神社

階段をのぼりきると、正面奥に朱色の拝殿がみえてきます。伊豆山神社の本殿です。

 

御祭神は、牟須比命(ほのむすひのみこと)、伊邪那伎名(いざなぎのみこと)、伊邪那美名(いざなみのみこと)の三柱を祀った「伊豆山神」。

縁結び、強運守護、福徳和合のご神徳が得られるとされてます。

伊豆山神社 本殿 昼

平安末期の乱戦後(平治の乱)、伊豆国に流された源頼朝(みなもとのよりとも)は、この伊豆山神社で源氏の再興を祈願したといわれています。

 

そして平家を打倒し、見事宿願を果たした頼朝は、伊豆山神社を関東の※総鎮守として崇めます。

戦勝祈願の杜としても知られていき、徳川家康も参拝に訪れたそうです。

※総鎮守…国または土地の全体をやすらかに守る神。

伊豆山神社 手水舎

参拝する前に、手水舎で清めます。赤白二頭の龍がいますね。

 

この二頭の龍について説明板によると、「走湯山縁起」という古文書には、伊豆山の地底には赤白二龍が和合(仲良く親しみ合うこと)して横になっており、その尾は箱根の芦ノ湖に漬け、頭は熱海市の日金山(ひがねさん)の地底にあり、両目・二耳・鼻穴・口中に当たる場所には温泉が湧いている、と記されているようです。

 

つまりこの赤白二龍(せきびゃくにりゅう)は温泉を生み出す守護神であり、また夫婦和合、縁結びの象徴とされています。

頼朝・政子越掛け石

伊豆山神社 腰掛け石

参拝した後は、本殿周辺を散策してみましょう。源頼朝と北条政子が恋を語らったという、腰掛け石がありました。

実際に座ることもできます。

光り石

伊豆山神社 光り石

こちらは道祖伸(猿田彦大神と天宇受売名)と共に地上に降りてきたという「光り石」です。

触ったり座ったりすると、光のパワーを授かることができるとか…。

伊豆山神社からみえる初島

海抜170メートルに位置する境内からは、相模湾を一望できます。初島もしっかり見えますよ!

社務所・御朱印

伊豆山神社 社務所

こちらは境内にある社務所。階段の近くにあります。こちらで御朱印をいただけます。

伊豆山神社 御朱印

納経料は300円。現在は書き置きのみとなっています。

ITEM
御朱印でめぐる東海の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方 御朱印シリーズ)
発行年月:2021年01月12日
ページ数:144p

本宮社を参拝しよう

伊豆山神社 本宮社

▲「本宮社」

「本宮社」は、一体どのような由縁がある場所なのでしょうか。それを知るために、伊豆神社のはじまりについてご紹介します。

 

伊豆神社のはじまりは、応神天皇2年(271)の時代。熱海の浜辺に、突然光る鏡が現れたそうです。

はじめは日金山(十国峠)に社を創り、その不思議な鏡を祀っていましたが、その後「本宮社」へ遷されます。

承和3年(836)に伊豆山神社の社殿がつくられると、鏡は「本宮社」から本殿へ遷されたそうです。

 

本殿から本宮社までは片道1時間ほど歩くため、体力・気力・時間に余裕があれば、ぜひ「本宮社」まで足を延ばしてみてください。

それではさっそく、「本宮社」までの道のりをご案内します。

本宮までの参拝路入口

伊豆神社 本宮までの参拝路入口

本宮までの参拝路入口は、本殿の裏側にあります。写真上の白い鳥居が目印です。

伊豆山神社 境内案内板

本宮社までの道のり、所要時間が案内されています。およそ片道50~60分ほどのハイキングです。

伊豆山神社 登山道

かつては※修験道の行場であった山道です。履きなれたスニーカーがオススメ。

※修験道(しゅげんどう)…日本古来の山岳信仰ろ仏教が結びついた宗教で、山へ籠もって厳しい修行を行うことで、悟りを得ること。

伊豆山神社 山道 参道

間違ってもオシャレなサンダル、ブーツ、新品の靴で歩くのは避けた方がいいです。あとで後悔します…。

伊豆山神社 ハイキングコース 青い看板

道は整備されており、所々に案内標識がある迷うことはないと思います。

病気平癒、厄難消除のご利益がある「白山神社」

伊豆山神社 山道 朱色の鳥居

鳥居の入口から20分ほど歩くと、朱色の鳥居が現れます。この鳥居の先には、「白山神社」が鎮座しています。

伊豆 白山神社

こちらが白山神社。なぜこの場所に鎮座しているのかというと…?

天平元年(729)の夏、東国で病が流行した際、伊豆権現(伊豆山神社)に祈願したところ、「悪行のなす所、救いの術なし、これ白山の神威を頼むべし」との神託があったそうです。

すると真夏にも関わらず雪が降り、病人がその雪を舐めると病がたちどころに回復したことから、白山神社が創立されました。

伊豆山神社 本宮社 参道

まだまだ山道は続きます!

子恋の森公園

伊豆山神社 参道 案内標識

登りきると、山頂のような場所に出てきます。写真左上の白い建物は、公衆トイレです。

案内標識をみると、青矢印の道が「子恋の森公園・本宮社」。斜面を登る赤矢印の道が「子恋の森公園近道」と記されています。

 

とりあえず青矢印の道を進みましたが、どちらからでも「本宮社」へ行けます。

伊豆山神社 参道 分岐点

そのまま進むと分岐点にあたります。

伊豆山恋の森公園

アスファルトの道に出てきました。こちらは子恋の森公園内のようです。

 

子恋の森公園は、東西約350m、南北約250mの公園です。伊豆山神社奥の院境内地でもあります。

子恋の森

案内マップがあるので、現在地を確認してみましょう!

岩出山ハイキングコース 案内版

ようやく半分来た感じです。本宮社までまだ距離があります。

子恋の森 森林

子恋の森は古よりホトトギスの名所で知られ、清少納言の『枕草子』をはじめこの森を詠んだ歌は数多くあるそうです。

伊豆山神社 道路

そのまま道なりに歩き、子恋の森公園を抜けます。

恋の神様が祀られている「結明神社」

伊豆山神社 結明神社

公園を抜けた先は、再び山道が待ち構えています。

白い鳥居の先には石祠が鎮座しており、「結明神社」の説明板がありました。

 

結明神社の御祭神は、日精(女)と月精(男)という夫婦の神様で、男女の縁結びを叶えてくれる恋の神様。

古には「一名恋祭り」という神事があり、各地から若い男女が訪れたと神社の記録にあるそうです。

伊豆山神社 結明神社 里宮

「参拝したいけど時間が……」という方もご安心ください。

本殿に続く石段の参道に、結明神社の里宮が鎮座しています。

伊豆山神社 本宮社 山道

結明神社から本宮社までは、徒歩20~30分ほど。山頂まで緩やかな登り坂が続きます。

伊豆山神社 本宮社手前 鳥居

この鳥居がみえたら、もうゴールは目前! 力を振り絞り、階段を上がりましょう。

伊豆山神社 本宮社 鳥居

鳥居の先に朱色の社がみえますね、「本宮社(ほんぐうしゃ・ほんみやしゃ)」です。

伊豆山神社 本宮社

海抜380m地点に鎮座する本宮社。周囲を緑深い木々が囲み、鳥のさえずりが響くほど静寂な空間です。

伊豆山神社 本宮社 祠

ご神体である石祠が鎮座しています。

 

説明版によると、江戸時代までの本宮社は広さ東西5間(約9m)、南北3間半(約6m)の規模をもっつ拝殿と、鳥居3か所、求聞持堂(ぐもんじどう)などの建物が建っていたそうですが、江戸時代後期の野火により焼失したそうです。

 

現在はこちらの本宮社と、鳥居1基のみが残されています。

帰り道(伊豆山神社への近道コース)

伊豆山神社への近道

来た道を引き返すか、「伊豆山神社への近道」もあります(写真上の案内標識が出ています)。

伊豆山恋の森ハイキングコース 下り坂

しかしこの近道、未塗装の山道で急な下り坂が続きます。

伊豆山神社への帰り道

案内標識が立っているので、迷う心配はないでしょう。

伊豆山恋の森ハイキングコース案内板

30~40分近くかけて下山し、伊豆山神社の境内へ到着します。当日や前日が雨天だった場合は、この近道は避けた方が無難です。

伊豆山神社へのアクセス

バス①(一番ラク!「伊豆山神社前」下車)

伊豆山神社 バス停

JR熱海駅より東海バス(伊豆山神社行、又は七尾行)に乗車し、約7分「伊豆山神社前」下車すぐ

 

東海バスの時刻表はこちら

※10月11日現在、臨時便のままで1時間に1本の運行となっています。最新の運行情報は、伊豆山神社公式HPもしくは上記東海バスのHPをご確認ください。

バス②(約837段の参道を歩く「逢瀬橋」下車)

伊豆山神社 マップ

JR熱海駅より東海バス(伊豆山神社行、又は七尾行)に乗車し、「逢初橋(あいぞめばし)」で下車。

逢初橋とは反対に進み、海岸に向かって坂を下りていき「走湯」を目指します。

伊豆山神社の参道起点は、走湯の真上に鎮座する「走湯神社」からです。

伊豆山神社参道 逢瀬橋

▲参道途中にある国道135号線

本殿まで約837段の階段を上ります。ひたすら階段を上ります。

 

※2021年7月3日に発生した災害により、当面の間、走り湯・足湯は見学できません。

駐車場

伊豆山神社 駐車場

駐車場2ヵ所あり(約30台/無料)。階段をのぼれない方は、上の駐車場をご利用ください。

令和3年7月3日の災害以降通行止めとなっておりました市道伊豆山神社線は、来る10月11日(月曜)午前10時から通行止めが解除となり、当神社への参拝は熱海駅・МОA美術館方面からもお越しいただけることになります。

ただし、大雨の影響で一時的に通行止めとなる可能性がありますので、荒天時は熱海市役所にお問い合わせください。

縁結び・恋愛成就を願うなら「伊豆山神社」へ!

源頼朝と北条政子が愛をはぐくみ、夫婦となった「伊豆山神社」。

縁結び、恋愛成就のパワースポットとして知られ、古より若い男女の参拝が後を絶ちません。

 

恋愛に悩む老若男女すべての人へ、一度伊豆山神社にお参りしてみてはいかがでしょうか。

 

■伊豆・箱根エリアを旅しよう!

熱海は、伊豆半島の玄関口。伊豆の海と温泉を満喫した後は、山と湖に囲まれた箱根に足を延ばしてみるのもいいですね。

ITEM
まっぷる 伊豆・箱根'22
発行年月:2021年06月15日
ページ数:160p

 

 

紹介されたアイテム

胸キュン?! 日本史 [ 堀口 茉純 ]
御朱印でめぐる東海の神社 週末開運さんぽ…
まっぷる 伊豆・箱根'22
伊豆山神社
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

M編集部員

「IZU HACK」の編集部員。ペーパードライバーのため、主に電車とバスと足で伊豆を旅する。滅多に食べられないが、キンメの煮付けが好物。 わかりやすく・読みやすいをモットーに、伊豆の魅力をお伝えします!

IZU HACK > 観光スポット > 「伊豆山神社」平安のラブロマンスが生まれた縁結びのパワースポット