「萬城の滝」穴場すぎる名瀑をみにいこう!

2020/12/28 更新

「萬城の滝(ばんじょうのたき)」は、伊豆市にある名瀑です。修善寺温泉から車で30分ほどで着きます。柱状節理の岩盤から落ちる水流は美しく、滝つぼには橋がかかり間近で滝を観賞できるのも魅力の一つ。あまり知られていないため、訪れる人の少ない超穴場です。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

萬城の滝ってどんなところ?

 萬城の滝

出典:PIXTA

修善寺温泉街に流れる狩野川の支流、地蔵堂川の上流にかかる「萬城の滝(ばんじょうのたき)」。

高さ20メートル、幅6メートルの滝あり、滝つぼのすぐそばに近づくことができます。

 

美しい名瀑ですが、近くには有名な「浄蓮の滝」があるためか、観光客の少ない超穴場です。しかも滝まで、駐車場から3分ほど!

両想いの滝

伊豆市 滝

撮影:編集部

かつては滝の後ろ側に回ることができ、滝の表と裏の両方から観賞できたため「両想いの滝」と呼ばれていました。

現在は裏へいけないため、表から滝を眺めます。

萬城の滝への道のり

萬城の滝 トイレ

出典:PIXTA

すぐ近くにある「萬城の滝キャンプ場の駐車場」に駐車し、道を挟んだ向かいにある階段を下りていきます。

写真は駐車場にある、珍しい巨大なカブトムシ公衆トイレ。

「萬城の滝」駐車場
・料金/台数
無料、普通50台・大型3台
・アクセス
【バス】
修善寺駅から伊豆箱根バスで約40分「地蔵堂バス停」下車、徒歩約15分
【車】
東名高速沼津IC・新東名高速長泉沼津IC~(直結)伊豆縦貫道~伊豆中央道~大仁南IC~国道136号~県道12号(修善寺橋)~地蔵堂方面へ(約65分)。

 

萬城の滝 遊歩道入口

出典:PIXTA

入口です。ここから徒歩3分ほどで、萬城の滝にたどり着きます。

出典:PIXTA

道中はちょっとした森林浴。

萬城の滝と歩道

出典:PIXTA

歩くこと3分ほど、お目当ての滝がみえてきます。
 萬城の滝と橋

出典:PIXTA

滝つぼには橋が架かり、間近で観賞できるようになっています。水しぶきが飛んでくることもあるため、撮影の際は要注意!
萬城の滝の岩盤

出典:PIXTA

滝がかかる岩盤にもご注目ください! 溶岩によって形成された玄武岩には、見事な※柱状節理が発達しています。

 

※柱状節理(ちゅうじょうせつり)…溶岩やマグマが冷えて固まるときに形成される、柱状の割れ目のこと。福井県の東尋坊などが有名。

滝にまつわる伝説

萬城の滝 下流

出典:PIXTA(下流にはわさび田がある)

むかし、山葵沢(わさびさわ)の開墾をしていたとき、古い地蔵尊像が石の間から出てきました。

山仕事をしていた人たちは、「尊いお地蔵様がどうしてこんなところにあったのか」と不思議に思い、そのままにしておけず、滝の裏を通る滝道の傍らに安置して祀りました。

その後は仕事も順調に進み、この人たちは幸せが続いたといわれています。

 

またこの脇道を通るときは、いつも自分の歳の数ほどの石を持っていき、このお地蔵様に備えて安全を願い、滝道を通るための許しを乞うたともいわれています。

滝の裏の道は、崩落の危険があるため通行できませんが、お地蔵様は現在もあります。

遊歩道の先には「カーテン滝」がある

萬城の滝 上流

撮影:編集部(カーテン滝)

萬城の滝から遊歩道を歩くとカーテン滝(ダムより小規模な堤防)、さらに奥には小滝があります。余力があれば、ぜひ足を延ばしてみてください。

マイナーだけど、一見の価値がある名瀑

萬城の滝と霧

出典:PIXTA

修善寺から車で30分ほどでたどり着く「萬城の滝」。美しい滝でありながらも、あまり知られていないため訪れる人が限られている穴場です。

修善寺を訪れた際は、ぜひ足を上してみてくださいね!

 

 

萬城の滝と霧
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

IZU HACK編集部
IZU HACK編集部

IZU HACK運営&記事編集担当。伊豆の海、B級スポット、秘境、神社・パワースポット巡りに明け暮れる。現地レポートを中心に読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。