IZU HACK > アウトドア > 「日金山ハイキング」幽玄の世界へ!石仏の道を歩こう

「日金山ハイキング」幽玄の世界へ!石仏の道を歩こう

熱海と湯河原をまたぐ日金山(ひがねさん)。昔から死者の霊が集まる霊山として信仰されており、春秋の彼岸に登ると「逢いたい人の後ろ姿が見える」ともいわれています。この記事では、JR湯河原駅を起点とする、日金山の登山ルートを写真多めで紹介します。

アイキャッチ画像出典:撮影 編集部
記事中画像:撮影 編集部

石仏の道、「日金山」に登ろう!

日金山 石仏と橋

静岡県熱海市と函南町の境目にそびえる「日金山(ひがねさん)」。

 

その昔「日金山には鬼がいる」といわれ、伊豆地方で亡くなった死者の霊が日金山に集まるという伝承があります。

そのためか、春秋の彼岸に日金山に登ると「逢いたい人の後ろ姿を見ることができる」という不思議な話があるほど。まさに伊豆地方の山上他界というべきでしょうか。

 

この記事では、そんな日金山のハイキングコースを紹介します。

日金山ハイキングコース(歩行時間約2時間45分/10.5km)

日金山ハイキング 道標

●JR「湯河原」駅
↓バスで約10分
●「落合橋」バス停
↓徒歩約40分
●日金山登山口
↓徒歩約30分
●林道
↓徒歩約1時間
●湯河原分岐
↓徒歩約5分
●日金山 東光寺
↓徒歩約15分
●十国峠展望台
↓ケーブルカーで約5分
●「十国峠登り口」バス停
↓バスで約40分
●JR「熱海」駅

JR湯河原駅~十国峠までは、およそ2時間45分ほど(約10.5km)。ややアップダウンがありますが、登山未経験にも登りやすい山といえます。

 

十国峠からJR熱海駅行きのバスは運行本数が限られているため、バスの時間から逆算して登山計画を立てておくと安心です。

 

\熱海の観光ガイドブックも忘れずに/

ITEM
るるぶ伊豆’23
発行年月:2022年01月11日
ページ数:184p

JR湯河原駅→バス停「落合橋」

落合橋 バス停

JR湯河原駅前のバスロータリーより、伊豆箱根バス「奥湯河原」行きに乗車し約10分。「落合橋」バス停で下車します。

 

ここから登山口まで40分ほど歩きますが、コンビニやスーパーなどは一切ありません。
トイレや飲料水の確保は、バスに乗る前に済ませておきましょう。
惣湯テラス

バス停のすぐ目の前には、日帰り温泉施設「湯河原惣湯 Books and Retreat」があります。“温泉と食と本”をテーマとするリトリート施設で、カフェや食事処も入っています。
落合橋近くの端
バス停のすぐ近くにある橋を渡ります。
一丁目の石仏

橋のたもとに「日金山起点」と刻まれた石仏を発見。

湯河原の町並み

ゆるやかな坂道を上ります。

熱海市の町並み

T字路の交差点があるので、矢印のように進んでいきます。

熱海車道

お寺の参道入り口(青矢印)のところに、「一丁目」と刻まれた石仏があります。

一丁目~登山口

一丁目石仏

こちらの石仏を目印に、日金山山頂にある「東光寺」を目指します。

この丁仏は1丁(109m)ごとに設置されており、一丁目~四十二丁目まであります。山頂までの距離感を教えてくれる道しるべです。

IMG_2829
IMG_2831
IMG_2838
IMG_2835
IMG_2840
IMG_2844
IMG_2851
IMG_2855
IMG_2862
IMG_2869
IMG_2870
IMG_2877
IMG_2887
previous arrow
next arrow
▲登山口までの石仏(写真はスライドで表示)

石仏は道路の両脇にあるため、五丁目の次が七丁目で、反対側に六丁目があったりします。すべての丁仏を見つけるには、なかなかの根気が必要でしょう。

熱海市 車道

一丁目の石仏からは、ほぼ道なりに進みます。

日金山ハイキングコース 道標

石仏以外の目印は、こちらの道標。

車道に佇む石仏

六丁目の石仏。

熱海市 廃墟

車道沿いにこんな廃墟も。公衆浴場だったようです。

熱海市 車道

登山口までは、ゆるやかな上り坂が続きます。日陰がない部分も多く、夏の炎天下に歩くのはおすすめできません。

分岐点

分岐点です。左へ進むと「岩殿観音」があるようですが、日金山ハイキングは右手へ。

日金山ハイキング トイレ

公衆トイレがありました。和式が1室と男性用のトイレが1つ。この先山頂までトイレがないため、不安な場合は利用してください。
日金山ハイキング 登山口

トイレから5~7分ほど歩くと、日金山登山口に到着です!

登山口~林道

十国峠 登山道

登山口に入ってすぐ道が2手に分かれていますが、木の階段がある左(青矢印)を進みます。山頂までは一本道だったので、赤矢印の方は登山道から外れたコースだと思われます。

日金山 登山道

石仏はまだ続いています。

登山道 平らな道

前半の登山道はアップダウンもなく、歩きやすい道です。

日金山 登山道

なだらかな上りが続きます。まだ二十丁半目。

日金山 登山 上り

背の高い木々が生い茂り、日中でも薄暗いです。

日金山 登山道

前半は平らな道が多く、ついついペースを上げてしまいますが、後半はアップダウンが続くため体力を温存しておきましょう!

日金山 木橋

木の橋が現れました。1人でもグラグラ揺れます。

日金山 沢

橋を越え、沢を渡ります。この後も何ヵ所か沢を渡る場面がありました。

日金山 登山道

木や岩を苔が覆い、ジブリ映画『もののけ姫』を思わせる幽玄な雰囲気。

日金山 野仏

丁仏も苔に覆われています。

日金山 滝

小規模な滝もあり、なかなか見どころの多い山です。

日金山 草に覆われた登山道

足首まである草が生い茂り、登山道に浸食している場所も。

日金山 石仏

かと思えば、石段が続く整備された道が現れたり……。変化に富んだ登山道も魅力です。

日金山 沢と登山道

沢の脇に続く登山道。

日金山 森の木々

木陰が気持ちいいです。

日金山 林道

森が開け「林道」に出ます。登山口からここまで30分ほどでしょうか。

林道~湯河原分岐点

日金山 分かれ道

林道にでると、正面に2つの道があります。青矢印の左が正式?な登山道らしいですが、パッと見ると道があるか分かりません。一方で、青矢印の右は整備された砂利道で、歩きやすそうです。

 

今回は左の登山道へ。

日金山 分かりにくい登山道

左の登山道入口。石仏が佇み、細い道が続いています。右の白い看板には、「東光寺まで約60分、十国峠展望台まで約70分」と記載されていました。

 

が、しかし……。

日金山 行き止まり

1~2分ほど歩くと、登山道が消失。沢を渡り、結局は砂利道を歩くことに。

日金山 砂利道

ゆるやかな砂利の坂道をのぼります。

日金山 水道施設

ほどなくして、何やら人工物が現れました。熱海市の水道施設のようです。ここを通り抜けていきます。

日金山 登山道 後半

再び山道に戻ります。

日金山 登山道を塞ぐ木

登山道を塞ぐ、ねじれた細木。

日金山 登山道

丁仏を発見! ちゃんと正しい登山道を歩いていたようです。

日金山 登山道 後半

写真だと分かりづらいですが、だんだんと上りがキツくなっていきます。

日金山 急登

アップダウンが続き、体力を削られます。山頂に近づくにつれて、背の低い木が増えてきました。

伸びた枝が、登山道を塞ぐ場面も。

日金山 急な坂

笹の葉に囲まれた急登です。しばらく坂を上り続けると……。

日金山 笹の葉に隠れた登山道

笹の葉で登山道が隠れていました。目印の丁仏を頼りに、笹の葉をかき分けて進みます。

道が隠れてしまってたのは、この地点だけでした(1分もしない短い距離)。

日金山 山頂近くの登山道

再び木の階段が続く登山道へ。この辺を歩いているとき、ゴーンと鐘のような音が聞こえました。

日金山 湯河原分岐点「湯河原分岐点」に到着しました。今回は右手の十国峠方面へ。

湯河原分岐点~日金山 東光寺

日金山 岩戸山への道

▲岩戸山方面

日金山 東光寺方面
笹のトンネルを進んでいきます。
日金山 木のトンネル

木の枝がアーチ状に伸び、まるで森のトンネルのよう。

日金山 山頂

「日金山頂上」と刻まれた石柱と、石の階段が見えてきました!

東光寺

東光寺 境内

階段を上がれば、そこは「日金山 東光寺(とうこうじ)」の境内です。正面奥に本堂があります。

東光寺

東光寺の本堂です。境内の案内板にあった由来によると、274年(第15代応神天皇5年)松葉仙人が伊豆山の浜辺に現れた光る不思議な鏡をあがめ、小さな祠を建て祀ったのが開山といわれています。

手水舎には、可愛らしいお地蔵様が並んでいます。

東光寺 ご本尊

鎌倉幕府を開いた源頼朝も、厚い信仰を寄せていた東光寺。現在本尊として祀られている「延命地蔵菩薩像」は、頼朝公が建立したと伝えられているそうです。

 

伊豆地方の言い伝えでは、春・秋の彼岸会に3年参りすると、逢いたい亡き人に会えるといわれています。

東光寺 地蔵群
延命地蔵菩薩
東光寺 満願地蔵
東光寺 お地蔵様
東光寺 石仏
IMG_3035
IMG_3022
IMG_3043
東光寺 お地蔵様
東光寺 石仏
previous arrow
next arrow

▲写真はスライド表示できます

境内には、石仏や五輪塔、石造の三重の塔などがあります。

東光寺 鐘楼

境内にある鐘楼。山頂手前で聞こえたのは、こちらの鐘楼を突く音だったようです。住職さんに勧められて、鐘を突いてきました。

東光寺 御朱印

御朱印もいただきました、初穂料300円。

日金山 東光寺~十国峠へ

東光寺 十国峠への道

東光寺から十国峠展望台へ向かいます。ここから徒歩10~15分くらいかかります。

東光寺 あじさいロード

アスファルトで舗装された道です。道の脇にはアジサイが咲き誇り、アジサイロードのようになっています。

苔に覆われた地蔵

所々、お地蔵さまが鎮座しています。石仏の道はまだ続いています。

日金山霊園

アジサイロードを抜けると、開けた場所に出てきます。

姫の沢公園

姫の沢公園の入口がありました。

十国峠 分かれ道

十国峠展望台は、青矢印の方へ。

十国峠 青空

まるで空に向かって延びているような坂道。ここを通り抜けると、芝生の原っぱが広がる草原に出ます。

十国峠展望台

十国峠展望台が見えてきました!

駿河湾の絶景

休憩しながら景色を楽しみつつ、ケーブルカーで麓に下りましょう。

 

あとは「十国峠ケーブルカーレストハウス」前にあるバスから、伊豆箱根バスに乗りJR「熱海」駅へ。

日金山ハイキングはここまでです。

熱海の山を歩こう!

今回はJR湯河原駅を起点に、日金山の「石仏の道ハイキングコース」を歩き、十国峠ケーブルカーで下山するルートを紹介しました。

他にも、岩戸山や姫の沢公園を経由するコースもあります。海はもちろん、熱海の山歩きもなかなか楽しいですよ!

十国峠ハイキングコース

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

るるぶ伊豆’23

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

日金山 石仏と橋
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

IZU HACK > アウトドア > 「日金山ハイキング」幽玄の世界へ!石仏の道を歩こう