伊豆の『道の駅』は目的地として行きたい!魅力溢れる8スポット

伊豆の道の駅特集!伊豆マリンタウンをはじめ、伊豆半島の道の駅8施設を一挙にご紹介!ぶらりと寄りたくなる道の駅には、魅力がたくさん!各施設ごとの特徴や名物をピックアップしました。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

伊豆には寄りたくなる道の駅がたくさん!

伊東マリンタウン内の市場撮影:編集部
静岡県の伊豆半島には、旅行やドライブ、デートなどで立ち寄りたくなる魅力溢れる道の駅があります! 道の駅には、行ってみないとわからないワクワク感や、その地域の観光名所や物産、隠れたB級グルメなどの情報発信を行う場として、欠かせない施設です。

伊豆には、道の駅の他に『旅の駅や、愛犬の駅、村の駅』などもあります。

スタンプラリーで豪華景品が!

伊勢海老の画像
出典:PIXTA
伊豆の道の駅を巡るスタンプラリーが、平成29年12月より平成30年2月まで開催されていました。道の駅にあるスタンプを集めると、豪華景品が当たる抽選も! 伊豆旅行に訪れる際は、チェックしたいポイントですね!

※次回開催については、市区町村の公式ホームページをご確認ください。

道の駅『伊東マリンタウン』

伊豆マリンタウンの画像出典:PIXTA
国道136号線を、熱海から伊東方面へむかうと、カラフルな建物が特徴的な道の駅。東京方面からの玄関口となる道の駅には、周辺施設の前売り券も取り扱っているので、旅行前に寄りたいスポットです。

日帰り『温泉から海が見える』!

伊東の海の画像
出典:PIXTA
日帰り入浴が楽しめる『シーサイドスパ』を完備! 地下1,000mから沸きでる温泉と、海が一望できる階段状の浴場、露天風呂でくつろぎのひと時を楽しむことができます。また女性の大浴場では、”月に1度だけ”バラのお風呂の日があり、クレオパトラが愛したとされるバラ風呂も楽しむことができます。

▼伊東マリンタウンのみどころを紹介している記事です。

施設情報

駐車スペースは、普通車298台(うち優先車両7台)、EV急速充電は24時間利用が可能です。お手洗いは、駐車スペースにも完備されています。

施設内の観光案内所は、9:00~18:00の営業。観光案内や授乳室、ベビーカーや車イスなどの貸出などを行っています。
その他に、お土産をたくさん購入しても安心の、宅配便の受付も行っており、16:30までの集荷持ち込みが可能です。

アクセス


〒414-0002
静岡県伊東市湯川57-19
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。


道の駅『開国下田みなと』

開国下田みなとの画像出典:PIXTA
開国下田みなとの魅力は、何と言っても『金目鯛』! 水揚げ日本一を誇る下田港が近くにあり、美味しい料理をはじめとし、たくさんの加工品を取り揃えています。その他に、施設内4階には『JGFAかじきミュージアム』があり、国際カジキ釣り大会の歴史や、釣具、カジキのレプリカなどが展示されています。

『 地金目三味』はここでしか味わえない!?

金目鯛の煮付けの画像
出典:PIXTA
レストラン『地魚の御食事処 さかなや』では、新鮮な海の幸を味わえる定食があります。こちらでの人気メニューは、『地金目』。脂がのった柔らかい身みは絶品! 立ち寄った際は、ぜひ味わっていただきたいです!

施設情報

駐車スペースは、普通車216台(優先車両6台)、EV急速充電は24時間”無料利用”が可能です。施設は4階建てと大きく、初めて訪れる方は迷ってしまうほど、様々なテナントが入っています。中でも賑やかなのは『伊豆漁協直売店』。下田港からすぐそばだけあり、活きの良い海の幸がお値打ち価格で販売されています!
※EV急速充電器の無料利用は期間が定められています。2018年3月現在は当面無料可能となっています。

アクセス


〒415-0000
静岡県下田市外ヶ岡1番地1
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。

道の駅『下賀茂温泉 湯の花』

国道136号線を、下田から南伊豆町へ向かうと、伊豆最南端の道の駅『下賀茂温泉 湯の花』があります。地元の方が朝早くから、採れたての地産物を買いに訪れるほどの施設です。直売所以外にも、工芸品や雑貨の展示販売、足湯もあるので、のんびりとしたひと時を過ごせます。

湯の花は、『地産の野菜』がたくさん!

野菜の画像
出典:PIXTA
同道の駅は、2005年に農家さんの有志が集まってできた直売所。採れたての農林水産物がたくさん販売されています! 驚くのは販売されている値段! 思わず2度見してしまう価格で販売されているものも! さらには、なかなか見ることができない幻のお米『愛国米』の稲までも販売されています!

施設情報

駐車スペースは、普通車51台(優先車両2台)、EV急速充電器も備えられています。観光案内所の営業時間は、9:00~17:00。観光協会の職員さんが親切丁寧に南伊豆の観光スポットを教えてくれます。また、下賀茂温泉を利用した『足湯』も完備されており、旅の疲れをゆっくりと癒してくれます。

アクセス


〒415-0303
静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂157番地1
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。

道の駅『花の三聖苑伊豆松崎』

道の駅の花の三聖苑伊豆松崎の画像撮影:編集部
県道15号線沿い、直径11メートルの大きな『花時計』が目印の道の駅。松崎の歴史や文化、この地の三聖人の業績を紹介する施設でもあります。古民家風の施設内には、露天風呂も備えられているので、ゆっくりと体を癒すこともできます。

 美味しい『お蕎麦』

蕎麦の画像
出典:PIXTA
同道の駅1番のおすすめは、蕎麦。松崎町が日本一を誇る『桜葉の塩漬け』が練り込まれた、明るい緑色の蕎麦は、口の中で豊かな香りと風味が広がります。

施設情報

レトロな雰囲気が、どこか懐かしさを感じさせてくれる施設は、敷地内に『三聖会堂』や明治6年に開校された公立小学校の『大沢学舎』が、当時の姿に復元され、郷土資料などの展示がされています。駐車スペースは、普通車84台(優先車両2台)、EV急速充電器も備えられています。道の駅周辺、大沢地区は桜の名所でもあります。

アクセス


〒410-3604
静岡県賀茂郡松崎町大澤20-1
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。


道の駅『天城越え』

道の駅天城越えの画像出典:PIXTA
昭和の森会館に隣接し、春には桜、秋には紅葉と、木々に囲まれた自然溢れる道の駅は、非常に綺麗な水が流れ、ワサビ田があります。同道の駅を訪れる際は、お腹を空かしていきましょう! 食を誘う魅力がたくさんあります!

 『イノシシ』が食べられる!

 
猪丼の画像
下田街道の道中、イノシシ注意の看板をよく目にしますが、同道の駅では、猪肉を味わうことができます。丼ぶりやラーメン、蕎麦、うどんなどのメニューがあります。なかなか食べることができない猪肉は、脂が少なくさっぱりとした味わいです!

施設情報

古くから昭和の森会館として知られる場所が、道の駅『天城越え』。駐車スペースは、普通車188台(優先車両6台)、EV急速充電器は、出入り口の信号近くに備えられています。また敷地内には、4月中旬から下旬が見頃となる”伊豆地区最大のエドヒガンザクラ”を見ることができます。

アクセス


〒410-3206
静岡県伊豆市湯ケ島892-6
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。

道の駅『くるら戸田』

道の駅の名『くるら』は、この地方での方言、「来るでしょ?」などの意味から、たくさんの方に来ていただきたいと願いが込められた名。施設内で目をひくのは、深海魚の標本展示や、100%源泉かけ流しの入浴施設。

 『深海魚』が食べられる!?

くるら戸田のワンプレート定食の画像 町の名産物は、タカアシガニを始めとする深海魚。施設内にある『深海魚食堂』で、本格的な洋食で味わうことができます。しかし、深海魚食堂の営業は、毎週土曜日のみ……。でも大丈夫です! 軽食コーナーにも、深海魚を使った料理や、珍しいお魚料理がありますので、ぜひ味わってみてください!

施設情報

駐車場は、普通車42台(優先車両2台)のスペースがあります。軽食コーナーや展示品コーナー、源泉かけ流しの日帰り温泉、足湯の他にも、食品の加工・調理体験が行える施設も設けられています。また、定期的に催しが開かれており、ここでしか楽しめない! 味わえない!ものがあり、要チェックです!

アクセス


〒410-3402
静岡県沼津市戸田1294−3
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。

道の駅『伊豆のへそ』

伊豆のへその画像出典:PIXTA
鮎の友釣りの発祥とされている河川、狩野川中流域に面した道の駅。様々なアウトドアの拠点となる場所は、多くの方が訪れる道の駅です。施設名の『へそ』は、隣接する城山の形状がへそのように見えることから命名されました。

珍しい『青バラソフトクリーム』!

青バラソフトクリームの画像 同道の駅オリジナルのソフトクリームは、全国でもなかなか味わうことができない青バラエキス入り。一瞬、目を疑ってしまう色ですが、ほんのりとバラの匂いが香り、サッパリとした甘みが美味しいアイスです。

施設情報

周囲の道の駅とは雰囲気が少し違う同道の駅。利用者の方々や地域の人々へ”情報発信”が目的とされた施設は、伊豆全域の観光施設情報を取り揃え、豊富なパンフレットとチラシがある他、伊豆半島で撮影された映画やドラマの小道具、台本の展示もしています。駐車場は、普通車68台(優先車両5台)のスペースがあります。

アクセス


〒410-2315
静岡県伊豆の国市田京195-2
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。

道の駅『伊豆ゲートウェイ函南』

伊豆ゲートウェイの画像出典:PIXTA
2017年5月にオープンした新しい道の駅。東名高速道路『沼津インター』をおり約15分ほど。駐車場からは、天気が良いと富士山が一望でき、時節内には伊豆半島ジオパークビジターセンターが併設され、自然を学ぶこともできます。

富士山クレープはインスタ映えもする!?

富士山クレープの画像 道の駅施設内にある『スポーク・カフェ』に富士山クレープがあります。富士山の形をしたゼリーは、地元丹那牛乳を使ったミルクゼリーと、ブルーハワイ味が特徴! 若い女性を中心にクチコミが広まった人気商品です。
※販売数量限定商品です。

施設情報

伊豆の魅力が集まる門。伊豆に出会うきっかけをつくる施設を目標としている道の駅には、晴れた日には、『展望歩道橋』から富士山を望むことができます。また自転車を利用される方に嬉しい設備がたくさん!『サイクルスポーツの聖地!』をコンセプトにされているので、ロードバイク用のラックもあります。

アクセス


〒419-0124
静岡県田方郡函南町塚本887-1
各施設ごとの営業日や営業時間は、公式ページをご確認ください。

伊豆の道の駅へ行こう!

ドライブの画像出典:PIXTA
道の駅は何気なく寄っても、訪れた地域の素晴らしい魅力を知れる”集いの場”。お手洗いや休憩、お土産に寄るのではなく、道の駅を目的地として、行ってみてはいかがでしょうか。

伊豆の道の駅の画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事