【伊東マリンタウンへ行ってみた】ただの道の駅じゃない!その全貌を大公開

伊東マリンタウンは国道135号沿いにある道の駅。お土産や食事処はもちろん、足湯に日帰り温泉、さらに遊覧船で伊東の海をクルージングできたりと、まるでテーマパークのよう!今回、編集部はそんな伊東マリンタウンを取材。施設の全貌を紹介します。


アイキャッチ出典:編集部

唯一の道の駅、伊東マリンタウンってどんなところ?

伊東マリンタウン
撮影:編集部
国道135号沿いに面した、カラフルな建物が目をひく施設。それが今回紹介する「道の駅 伊東マリンタウン」です。しかしここ、実は単なる道の駅ではありません!

今回は伊東マリンタウンの施設や、他の道の駅にはない魅力をご紹介します。

ワンちゃんと一緒にくつろげる施設

まるで海外みたいな伊東マリンタウン 伊東マリンタウンは、愛犬と過ごせる道の駅。ワンちゃんと一緒に入れる足湯や、テラス席でのみ一緒に食事が楽しめるレストランがあります。また、海岸線沿いは歩道が整備されているので、愛犬とのお散歩にぴったりです。※足湯については後半にご紹介します。

他にも、海が見える温泉、遊覧船に乗って海中散歩が楽しめる(ペット可)など、買い物や食事以外で楽しめる要素が盛りだくさん!今回はそんな伊東マリンタウンの見所をご紹介します。

営業時間・アクセス方法

住所:〒414-0002 静岡県伊東市湯川571−19
営業時間:年中無休
【レストラン】
11:00~20:30(土日祝は9:00~20:30)
【おみやげ】
9:00~18:00(土曜日のみ9:00~18:30)
アクセス方法:
熱海からJR伊東線で『伊東駅』下車。東海バス「マリンタウン行き」でおよそ5分。
※バスの時刻表はこちら
※車のアクセス方法はこちら

伊東マリンタウンの施設①バザール棟(おみやげ&食事)

伊東マリンタウンの中
撮影:編集部
まずは、館内のメインどころバザール棟。1階は伊豆の特産品を扱うおみやげ屋が並び、2階には海鮮丼などを楽しめる食事処が集まっています。
各おみやげ屋さんの情報はこちらをご確認ください。
伊東マリンタウン1階
撮影:編集部
バザール棟には、ショップが14店舗、レストランが6店舗入っています。1階は市場のような雰囲気で活気に溢れていました。

食事は「海鮮丼」がおすすめ!

撮影:編集部
今回はお刺身や定食が楽しめる、バザール棟2階の「伊豆中ばんばん食堂」へ。上の写真は刺身定食、下はマグロ丼。
撮影:編集部
やわらかく身の引き締まったマグロ丼は絶品でした。他にもいくら丼やひもの定食、ミックスフライ定食など和食を中心としたメニューが充実しています。

2階テラス席でのんびり過ごすのもオススメ

デッキから見下ろす伊東マリンタウン
撮影:編集部
また2階の屋外には、座って休憩できるテラスがあります。伊東マリンタウンの港が一望できますよ!

伊東マリンタウンの施設②立ち寄り温泉「シーサイドスパ」

▼シーサイドスパ・内風呂
【伊東マリンタウン】シーサイドスパ内風呂 道の駅としては珍しく、伊東マリンタウンには日帰り温泉施設「シーサイドスパ」があります。海が一望できる大浴場に露天風呂、サウナやアロマバスなどお風呂の種類もさまざま。そして嬉しいことに、朝5時から早朝営業もしています!

フェイスタオルも販売されていますし、バスタオルもレンタルできますよ!
【営業時間】
朝湯営業:5:00〜10:00(最終受付9:30)
通常営業:10:00~22:00(最終受付 21:00)
※特定日営業有
ナイト:18:00〜22:00(最終受付 21:00)
定休日:無休(不定休)
【料金】
朝湯営業:大人540円、子供270円
通常営業:大人1,000円、子供540円
ナイト:大人860円、子供430円
※子供……3歳以上。
※特定営業日は料金が異なります。詳しくはこちら

温泉どうだった?利用者の口コミをチェック!

▼シーサイドスパ・露天風呂
【伊東マリンタウン】露天風呂

駐車場も多く、施設も充実しています。特に日帰り温泉は早朝から開いていてとても助かります。(出典:じゃらん

買い物も出来るし、レストランもたくさんあります。シーサイドスパがとても気持ち良かったです。とても癒されたので、また行きたいです。(出典:じゃらん

早朝からお風呂に入れて助かりました!という口コミが多く見受けられました。また海を臨めるロケーションも最高のようです!

伊東マリンタウンの施設③足湯 あったまり~な&太陽のステージ

館内を一周した後は、外に出てみましょう。

足湯 あったまり~な(無料)※犬用は別にあります。

伊東マリンタウンの足湯(人間用)
撮影:編集部
館内から海側の方に出てみると、横に長~い足湯が!横一列に並んで座るような感じで、一気に多くの人が楽しめそうです。
足湯2
撮影:編集部
お湯は、伊東マリンタウンの敷地内から沸く天然の温泉。熱すぎず冷めず、ちょうどいい湯加減でした。

※平成29年10月1日〜平成30年4月27日までの期間において、湯温保持のため、片側出しに変更とさせて頂いております。(5月~9月中 9:00~17:00)(出典:伊東マリンタウン

太陽のステージ

伊東マリンタウンの太陽の広場と青空
撮影:編集部
こちらは太陽のステージと呼ばれるスポット。伊東マリンタウンでの様々なイベントが行われる場所です。テレビアニメ『あまんちゅ!』の聖地としても知られています。
▼『あまんちゅ!』の聖地を巡ろう!
伊東マリンタウン犬と遊べる足湯
撮影:編集部
人間用の足湯の下には、ワンちゃんと飼い主さん専用の足湯「1❤♨(わんらぶゆー)」が!子犬用と大型犬用に分けられているので、安心です。
この日は、たまたまお湯が張られていませんでした。
※足湯に関する詳しい情報はこちら

伊東マリンタウンの施設④~幸せの風吹く~伊東マリンロード

伊東マリンタウン 海の道
撮影:編集部
伊東マリンタウンの屋外の魅力は足湯だけではありません!波止場に沿って歩いていくと、防波堤を利用した海の遊歩道「伊東マリンロード」がみえてきます。入口には受付があるので、わかりやすいですよ!
伊東マリンタウン シアワセリボン
撮影:編集部
こちらは「幸せリボン」と呼ばれるもの。リボンに願い事を書いて、写真のように結びつけると幸せを運んでくれるとか。リボンは遊歩道の入り口にある受付で販売されています。(1本100円)
【開門時間】
11:00~15:00(定休日なし)
※雨天・強風・メンテナンスの際は閉門
伊東マリンタウンのアイの像
撮影:編集部
伊東マリンタウンロードは全長は417.5mあり、片道4、5分ぐらいで終点に着きます。料金はもちろん無料。

終点には、伊東市在住の彫刻家・重岡建治氏による作品「あい・讃歌」のモニュメントがあります。この像の近くから、海をのぞいてみると……?
伊東マリンタウンのエメラルドグルーンの海
撮影:編集部
この透明度の高さ!底が透き通ってみえるエメラルドグルーンの海です。

伊東マリンタウンの施設⑤遊覧船

伊東マリンタウンでは、遊覧船に乗って海上・海中散歩を楽しむことができます。しかも嬉しいことにペットの乗船もOK!

船はオレンジ色のイルカはデザインされた「遊覧船はるひら丸イルカ号」、白いシックな船体の「遊覧船ゆーみんフック」の2種類。船体によってコースが違います。
▼「遊覧船はるひら丸イルカ号」のコースはこちら
【遊覧船】はるひら丸イルカ号 ▼「遊覧船ゆーみんフック」のコースはこちら
【伊東マリンタウン】ゆーみんフック(2) 料金は、どちらも大人1,600円、中高生1,200円、小人800円。所要時間も45分と変わりません。

初島が見える!

伊東マリンタウンから見える初島
撮影:編集部
伊東マリンタウンからは、くっきりと初島の姿が望めます!遊覧船だと「遊覧船ゆーみんフック」が初島にぐっと近づくコースです。

伊東マリンタウンでちょっと一息!

海側から見た伊東マリンタウン
撮影:編集部
熱海から下田の間にある唯一の道の駅、「伊東マリンタウン」。お土産や食事以外に、天然温泉やクルージングといった伊豆ならではの魅力が詰まっている、他にはない道の駅です。愛犬と一緒にくつろげるの貴重な休憩スポットという点も見逃せません。

また伊東マリンタウンから車を30分ほど走らせば、大室山や城ケ崎海岸など観光地も充実していますよ!旅先の拠点に、ぜひ伊東マリンタウンへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

車中泊は禁止!

伊東マリンタウンの駐車場は、あくまで「休憩施設」。車中泊などの長期滞在は禁止されています。
詳しくは公式ホームページを確認してください。

▼伊東マリンタウン周辺の観光スポット


 

海側から見た伊東マリンタウン
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード