【宿泊レポ】ファミリーに大人気!伊豆稲取の「赤尾ホテル 海諷廊」滞在記

今回は、伊豆稲取にある「赤尾ホテル 海諷廊」の宿泊体験レポートを大公開。6つの無料貸切風呂に、伊豆の新鮮な食材が盛りだくさんのバイキング、子供が遊べるキッズスペースなど。ファミリー層からの支持がとにかくアツい赤尾ホテルの実態を調査しました!


アイキャッチ画像:IZUHACK編集部

「赤尾ホテル 海諷廊」ってどんな所にあるの?

伊豆稲取の港町 「赤尾ホテル 海諷廊」は、東京から特急スーパービュー踊り子号でおよそ2時間15分。海に突き出た小さな岬にある港町、伊豆稲取。オーシャンビューを売りにした旅館・ホテルや露天風呂が多く、それを目当てに一年を通じて観光客が訪れます。
稲取雛の館 他にも、日本一と称される金目鯛、伊勢海老などの海の幸、江戸時代が続く「雛のつるし飾りまつり」などの伝統行事、珍しい動物たちがみられる観光スポットも充実しています。

▼雛のつるし飾りまつりとは?その魅力を紹介


そんな伊豆稲取にある「赤尾ホテル 海諷廊」は、貸切風呂の宿として、特にファミリー層から人気のホテル。口コミにも「子連れにおすすめ!」いう声が多く寄せられていました。

また、先着7組限定で赤ちゃんと一緒に温泉に入れるような宿泊プランもあります。(詳細はこちら)今回は、そんな赤尾ホテル 海諷廊を宿泊者目線でご紹介していきます。

▼赤尾ホテル 海諷廊の概要はこちらでチェック!

赤尾ホテル 海諷廊はこんな方におすすめ!

●赤ちゃんと一緒に温泉に入りたい
●オーシャンビューのお部屋に泊まりたい
●プライベート感を大切にしたい
●雨の日でも退屈しないホテルが良い
●夜景も海もみえる露天風呂に入りたい
●とにかく「自分が好きなものだけ」を食べたい
●サービスが充実していると嬉しい……
●子供と一緒にいきたいけど、自分もゆっくりできる時間が欲しい

それでは、さっそく「赤尾ホテル 海諷廊」の玄関からご紹介していきます。

さっそく「赤尾ホテル 海諷廊」へ

今回、編集部が訪れたのは11月中旬。館内はクリスマス一色でした。ホテルは高台の上に建っているので、フロントは3階になります。
ラウンジからの景色、稲取の街並みと海が一望できます。これは夜景も楽しみですね!
ラウンジにはウェルカムドリンクサービスが!他にも湯上りサービスとして、生中ジョッキサービスorかき氷サービスがあります。(※15:00~17:30限定)
さっそくラッシーをいただきました。自家製ヨーグルトを使用したもので、甘くて美味しかったです。
ラウンジ右奥には、お土産コーナーがありました。伊豆の特産を使ったお菓子や、稲取名物キンメダイ飯の素、生しらすのくぎ煮など、ご当地ならではのお土産がズラリと並んでいます。雛のつるし飾りもありましたよ!

露天風呂き付客室に泊まってみた

編集部が宿泊したのは、「赤尾ホテル 海諷廊」でも人気の露天風呂が付いた客室です。
手前にベットが2つ並んでいます。その奥には、液晶テレビと広めのソファがあるリビングルームです。
そしてベランダには……露天風呂が!

外から部屋の様子を確認できるので、子供を部屋で遊ばせておいて、お母さんはゆっくり温泉に浸かれそう。こういった部分もファミリー層に支持される理由だと感じました。もちろん見られたくない場合は、室内のカーテンを閉めればOK。
温泉は休むことなく桧の湯船に注がれています。広さは、大人一人が足を伸ばして浸かれるぐらいで、窮屈さはゼロ。

ちなみに窓から見えるのは……。
絶景……!ホテルのプールサイドを彩る色鮮やかなイルミネーションに、港町の夜景が広がっています。
もちろん露天風呂だけでなく、陶器製の内湯も備わっています。シャンプーなどのアメニティもバッチリ揃っているので安心です。
赤尾ホテルのアメニティ ドライヤーが2つあるのは嬉しいですよね。他にはクレンジングや洗顔料、カミソリなども備えられています。

6つの貸切家族風呂をご紹介

客室のお風呂もいいですが、せっかくなので6つの無料貸切風呂も見てきました!客室の露天風呂もふくめ、すべて源泉掛け流し湯が使われています。温泉は無色透明の無臭なので、クセがなくて入りやすいですよ。
貸切風呂は完全自由利用で、予約は不要。ですが、宿泊者全員が気持ちよく利用できるよう利用方法はシステム化されています。

まずは貸切風呂の待合室に行き、設置されているホワイトボードに入浴時間を記入して、各お風呂の札をとります。その札を、利用する貸切風呂の玄関にかけておけばOK。使い終わったら札を元の場所に戻し、記入した入浴時間を消しましょう。
札がある場所は、貸切風呂待ちの待機室も兼ねています。他の宿泊者が利用している場合は、ベンチに座って空くのを待ちましょう。

①吾妻屋露天風呂

こちらは屋根付きの露天風呂。貸切風呂の中では一番広さがあります。

2月頃にはお風呂からライトアップされた河津桜が楽しめるそうです。

②段段の湯

こちらは段々畑をイメージしたお風呂。上の段は熱く、下の段はぬるま湯になっています。
脱衣場も広々。手すりが設置されているバリアフリー設計です。

③貴婦人風呂

ヨーロピアン風の浴槽とオブジェが、異国感を演出しています。半身浴も楽しめそう。
脱衣所はどこも広々していますね。こちらもバリアフリー設計です。

④桧の湯

桧の壁に囲まれた浴場は、なんだか落ち着きます。ほどよい湯煙が温泉を演出しています。

⑤黒竹の湯・里の湯

黒竹の湯・里の湯ともに、なんと床に畳を使ったお風呂です。
こちらの貸切風呂は屋外にあり、すぐ近くには河津桜と足湯、そしてプールサイドがあります。お風呂で温まった後、足湯に浸かりながら夜桜鑑賞……なんていうのも粋ですね。

大浴場・展望露天風呂もおすすめ

貸切風呂の他にも大浴場が2カ所あります。もちろん100%掛け流しの温泉ですが、2カ所ともお風呂の雰囲気がガラリと違って面白いですよ!

庭園大浴場

伊豆の温泉とバリの景色をテーマにしたお風呂。全体的に広々としています。

外には露天風呂があります。たまたま他の宿泊者がいなかったので、思わず撮影。水中ライトで照らされた湯船はなんだか幻想的ですね。その周りを囲む竹の格子がバリをイメージさせます。

展望露天風呂付大浴場

こちらは展望露天風呂。昼は稲取漁港を、天気が良かれば夜は満点の星空を楽しめるそう。(その日は残念ながら曇りでした)

こちらは屋内にある展望風呂。こちらもオーシャンビュー。海を見ながら温泉を楽しめます。

>>>貸切風呂・大浴場の詳細はこちら

【温泉情報】
<泉質>ナトリウム・カルシウムー塩化物温泉(低張性・中性・高温泉)
<泉温>源泉または採取地 84.0℃
<効能(適応症)> 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病、虚弱児童、病後回復期、疲労回復、健康増進(出典:赤尾ホテル 海諷廊公式ホームページ

朝・夕食すべてバイキング、夜食も見逃せない……!

「赤尾ホテル 海諷廊」は、夕食も朝食もバイキングです。稲取漁港で仕入れた鮮魚を板前さんがその場でさばいてくれたり、シェフが鉄板で焼いてくれたお肉を「出来立て」でいただけます。
なかでも人気なのが、新鮮な海の幸を使ったお寿司。板前さんが目の前で握ってくれます。
他にもハンバーグ、ポテトフライなど子供が好きそうなメニューがずらり。カニや金目鯛の煮付けや炊き込みご飯など、海の幸を使った郷土料理も並びます。自家製ジェラートやチョコレートファウンテン、フルーツとデザートバイキングも充実しているので、目移りしそう。

無料のお夜食サービスも見逃せない!

半ラーメンが無料でいただけるお夜食サービスもおすすめ。ちょうど小腹が空いてきそうな21時以降にはじまる限定サービスです。
赤尾ホテルのお夜食ラーメン 半ラーメンですが、意外と量があります。小学生くらいの子供たちもモリモリ食べていました。

親子で遊べる施設がたくさん!

「赤尾ホテル 海諷廊」には、子供が遊べるアミューズメントパーク「リゾッチャIZU」があります。予約不要で、宿泊者は無料で利用できます。
最近流行りのボルダリングにターザンロープなど、小さな子供でも楽しめますね!
こちらは特大スライダー。カラーボールの海に思わずダイビングしそう!
迷路のようなジャングルジムに、トランポリンもあります。他にもゲームセンターや、別の場所にカラオケ、卓球台など親子で楽しめる遊び場がたくさんあります。

夏はプールで遊ぼう!!

夏は、館内にあるプール「ブルーラグーン」で思い切り遊べます。夜はライトアップされるそうで、昼間とは違ったロマンチックなムードが漂います。また、海水浴シーズンは「稲取ウキウキビーチ」が大人気。ホテルからの送迎バスがあるので、行きも帰りも楽々です。

家族みんなが楽しめる!赤尾ホテル 海諷廊


赤尾ホテル 海諷廊は、赤ちゃんや小さな子供がいる家族に特におすすめしたい宿泊施設。子供だけでなく、親もしっかり休めるようなサービスや配慮が所々に見受けられました。実際に編集部が滞在している日も、ファミリーの宿泊者が大半だった気がします。

熱川や河津、下田など、稲取周辺には観光スポットが充実しています。駅まで送迎もしてくれるので、ぜひ観光の拠点に赤尾ホテル 海諷廊はいかがでしょうか。

基本情報

所在地:〒413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1050
電話番号:0557-95-2222
アクセス:
【電車】
・東京方面
東京駅→特急「踊り子号」、『伊豆稲取』下車
・名古屋・新大阪方面
名古屋・新大阪駅→『熱海』下車→伊東線・伊豆急行『伊豆稲取』下車
※無料送迎バスあり(直接ホテルへ連絡してください。詳細はこちら
【車】
詳細はこちら


▼赤尾ホテル 海諷廊周辺の観光スポット



このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう