今井浜海岸を楽しむならここ!一押しスポット&お土産情報をチェック

今井浜海岸周辺の宿泊・観光スポット&お土産情報を厳選しました。都心からのアクセスも良く、日帰りでも充分楽しめる今井浜海岸。海水浴だけでなく、今井浜温泉、花火大会など見所満載のエリアです。今回はそんな今井浜海岸の魅力をたっぷりご紹介します。


アイキャッチ画像の出典:IZU HACK編集部

青い海、白い砂浜、そして温泉!今井浜海岸に出かけよう

撮影:IZUHACK編集部
東京から電車でおよそ2時間半と、アクセス良好な今井浜海岸。伊豆の中でも遠浅で美しい海岸として知られており、夏休み中はファミリーなどの旅行客で賑わいます。

また海岸沿いには温泉宿が多くあるので、海水浴で冷えた体も温泉に入ってすぐ温めることができます。7、8月には今井浜海水浴場と、すぐ近くにある河津海水浴場で花火大会が行われるので、タイミングに合わせて訪れたいですよね。

今回は、そんな今井浜海岸駅周辺にある人気の宿泊施設、観光スポットを中心にご紹介してきます。

プライベート感が半端ない宿!シーサイドハウス今井浜

シーサイドハウス今井浜
出典:なっぷ
はじめに紹介するのは、今井浜海岸に面しているコテージキャンプ場「シーサイドハウス今井浜」です。コテージ、バンガロー、テントの3つの宿泊タイプから選ぶことができ、なんとすべての部屋から写真のような真っ青な海が一望できるのです!

目の前には青い海!大自然を満喫できるアクティビティが盛りだくさん

シーサイドハウス今井浜のBBQテラス
撮影:IZU HACK編集部
施設の目の前には青い海岸線が広がっており、シーカヤックダイビング、海釣りや磯遊びなど、海辺のアクティビティを楽しめます。

またアクティビティだけでないのが、キャンプ場ならではの魅力。昼間は波音を子守歌にハンモックでお昼寝、夜は海辺のテラスでバーべキュ―、そして焚火を囲みながら星空観賞……アウトドアならではの楽しみ方を体験できますよ。

また「キャンプってハードルが高そう」という方でも大丈夫。道具を持たない初心者の方や女性同士でも、親切なスタッフさんがしっかりサポートしてくれるので安心ですよ。

快眠サイクルを「整えるキャンプ」を開催!

今井浜海岸でヨガ そんなシーサイドハウス今井浜では、今年10月初に世界睡眠会議CAMP HACKの合同企画【快眠サイクルを「整えるキャンプ」】が開催されました。

日中は適度に体を動かし、しっかり栄養のあるご飯を食べて、暗くなったら眠りにつく。簡単なようで難しい自分の睡眠サイクルを、キャンプを通して整えていくイベントで、全国から多くの方が伊豆に足を運びました。(写真はイベントの一部、プライベートビーチでの朝ヨガ風景)

【基本情報】
所在地:〒413-0503 静岡県賀茂郡河津町見高2番地
電話番号:0558-32-3888 (電話予約受付時間/9:00〜21:00)
アクセス:
東京から特急・踊り子号……『河津駅』下車 徒歩15分
東京から新幹線……『熱海』から伊豆急行線に乗り換え、『今井浜海岸駅』下車 徒歩10分
シーサイドハウス今井浜ホームページ

今井浜海岸周辺の一押しスポット4選

続いては、今井浜海岸駅、その隣にある河津駅周辺の観光スポットをご紹介します。

舟戸の番屋

提供:instagram m.moruta
今井浜海岸駅から、徒歩でおよそ6分。相模湾が一望できる露天風呂「舟戸の番屋」は、ぜひ立ち寄ってほしいスポット。源泉掛け流しで、クセのあるような臭いもありません。温泉で火照った体も、湯船前にあるウッドデッキで休むことができるので、ゆっくりと温泉を楽しむめます。

露天風呂のみの利用だと300円とリーズナブル!※露天風呂ではせっけんやシャンプー使用は厳禁。別の建物内にシャワー室(200円)があるので、そちらを利用してください。

【基本情報】
所在地:〒413-0503 静岡県賀茂郡河津町見高358-2
電話番号:0558-32-0290(河津町観光協会)
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日
駐車場:有(無料・約20台)
アクセス:伊豆急行線『今井浜海岸駅』から徒歩6分

河津桜

河津桜のイルミネーション
出典:PIXTA
河津町周辺に自生する桜、河津桜。日本で桜と言えばソメイヨシノが有名ですが、河津桜はソメイヨシノよりも花びらが大きく、濃いピンク色をした可愛らしい花を咲かせます。毎年1月下旬から2月にかけて開花し、見頃は2月上旬~3月上旬ぐらい。(毎年開花時期は前後します)咲いている期間は1か月と、長い間私たちの目を楽しませてくれます。

また開花している間は、河口から川沿いの約4kmにわたって「河津桜まつり」が開催されています。ご当地グルメが楽しめる露店や、伊豆の踊子との記念撮影、また夜にはライトアップされた桜並木を見ることができます。
▼河津桜祭りについて詳しくはこちら!
[my_related_posts id=’703′]

【基本情報】
所在地:〒413-0512 静岡県賀茂郡河津町笹原72-12(河津桜観光交流館)
電話番号:0558-32-0290(河津町観光協会)
駐車場:有り
アクセス:踊り子号・伊豆急行線『河津駅』から徒歩10分

河津バカテル公園

今井浜海岸近くにある河津バガテル公園
河津バカテル公園は、フランス・パリ市にある「パリ・バカテル公園」の姉妹園として2001年にオープンした本格的なフランス式庭園。園内にはおよそ1,100種6,000本のバラが植えられており、見頃は5月上旬~7月上旬ぐらい。

他にも、パリ伝統様式を模した建物や、フランス直輸入の雑貨やフランスワインを取り扱うショップ、バラの香りをベースとスタ調香を体験できる工房。伊豆の幸を使ったフレンチビュッフェなど、まるでプチ・フランスのような雰囲気を楽しめます。

【基本情報】
所在地:〒413-0511 静岡県賀茂郡河津町峰1073
営業時間:9:30〜16:30(12/1~4/27は9:30~16:00)
電話番号:0558-34-2200
料金:
●4/28~7/31・10/1~11/30
大人1000円、小・中学生300円
●8/1~9/30・12/1~4/27
大人300円、小・中学生100円
アクセス:伊豆急行『河津駅』より「河津バガテル公園行き」シャトルバスが運行

峰温泉大噴湯公園

峰温泉大噴湯公園
出典:PIXTA
かつて東洋一と呼ばれた峰温泉大噴湯。大正15年に爆音と共に地上約50メートルの上空を突き刺した温泉は、以来80年以上絶えることがありません。園内には足湯はもちろん地場産品を扱う売店、名物の大噴湯たまご作り(150円)に挑戦できます。

【基本情報】
所在地:〒413-0511 静岡県賀茂郡河津町峰446-1
電話番号:0558-34-0311
開園時間:9:00~16:00
料金:無料
駐車場:無料(乗用車10台、障害者専用3台)
アクセス:
伊豆急行線『河津駅』より徒歩30分、バスの場合は5分「峰温泉前下車」

▼今井浜海岸がある東伊豆には観光スポットが盛りだくさん!
[my_related_posts id=’3289′]

お土産におすすめ!伊豆の名産品をチェック

旅行に欠かせないものと言ったらお土産ですよね。続いては、おすすめしたい伊豆の特選品をご紹介します。こちらは上記で紹介した【快眠サイクルを「整えるキャンプ」】で振る舞われたもので、どれも大好評でした!

ニューサマーオレンジドリンク

伊豆のミカンを使ったジュース 伊豆の温暖な気候によって育てられた「ニューサマーオレンジ」の果汁を使ったジュ―ス。酸味と甘さの絶妙なバランスが良く、ごくごくっと一気に美味しく飲めちゃいます。

ビタミンCと蜂蜜が含まれるので、海水浴で遊んだ後や、温泉上がりの一杯におすすめです。価格は1本190円台から。※静岡県JA伊豆太陽でも購入できます。

ニューサマーオレンジのゼリー

伊豆のオレンジを使ったゼリー こちらも伊豆の特産ニューサマーオレンジを使用したゼリー。ニューサマーオレンジの果汁とジャムを加えた、甘いゼリーです。スティックタイプなので、下の方から押せばツルツルっとゼリーが口に運ばれていきます。

冷やして食べるのはもちろん、凍らせて食べるとまた違った食感が楽しめます。価格は650円台から。※静岡県JA伊豆太陽でも購入できます。

伊豆みかんワイン

静岡産の温州みかんの果汁を使った辛口ワイン。アルコール度数も11%。すっきりとした口当たりが特徴で、比較的飲みやすいワインです。価格は700円台から。※静岡県JA伊豆太陽でも購入できます。

伊豆の国ビール~スタウト~

原料の一部に、発行しない糖分を使用したアルコール度数7%のビール。アロマは、フルーティーさと、ローストされた麦芽の風味を感じられるコクのある逸品です。価格は300円台から。※伊豆の国ビール公式HPでも購入できます。

今井浜海岸でアウトドアを満喫しよう!

今井浜海岸での朝日
撮影:IZU HACK編集部
いかがでしたか?今井浜海岸は伊豆の自然を満喫できるスポットがたくさんあります。水の透明度も高く、泳いでいる魚を上から確認できるほど。

また、宿から海へのアクセスが良いのも今井浜海岸ならでは。駅から海水浴場まで、ゆっくり歩いても10分かからずに行けてしまうのも良いですよね。
▼紅葉シーズンは伊豆に出掛けよう!
[my_related_posts id=’3408′][my_related_posts id=’3519′]
▼都心に負けない!伊豆のイルミネーション・ライトアップスポット
[my_related_posts id=’4532′]

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード