予約殺到!伊豆クレイルで旅をする魅力とは?料金など基本情報をチェック

伊豆クレイルは、伊豆の美しい景色を眺めながら、食事やお酒を片手に会話を楽しむ贅沢なリゾート列車。全席グリーン車指定席、オーシャンビュー、有名レストランのフレンチ料理など。大人を虜にして離さない伊豆クレイルの魅力や、料金や予約方法をご紹介。


アイキャッチ出典画像:写真AC

伊豆クレイルとは??

@tomu.naがシェアした投稿


提供:Instagram tomu.na
外観からして、おしゃれでエレガントな雰囲気が伝わってくる列車、IZU CRAILE(伊豆クレイル)。食事や景色を楽しみながら「あえてゆっくり行く」大人のリゾート列車です。伊豆クレイルは、全車グリーン車指定席の快速列車として小田原~伊豆急下田駅間を走っており、土日・祝日を中心に運転しています。

同じ区間を走る特急と伊豆クレイルの違いは??

特急「踊り子号」だと1時間50分ほどで走る区間を、伊豆クレイルは約2時間30分かけてゆっくり走ります。途中にあるビューポイントでは、減速や一時停止してくれるサービスも!

伊豆クレイルは景色と食事、両方を満喫できる「リゾート列車」

提供:Instagram mirin0316
伊豆クレイルは、海側を向くカウンター席やグループでも楽しめるコンパートメント席(数席ごとに仕切り板などで区切った形式の席)など、人数に合った内装が特徴的です。

ご提供いただいた上の写真は、去年の夏に撮られたカウンター席での一枚。目の前は海、そして伊豆の食材がふんだんに使われた美味しそうな料理。贅沢なひと時を感じることができます

伊豆クレイルに乗るべき3つの理由

続いてはゆっくり旅する列車、伊豆クレイルならではの魅力を紹介します。

その1:車窓から伊豆の絶景を楽しめる!

Hinakoさん(@hinakom1)がシェアした投稿


提供:Instagram hinakom1
伊豆クレイルは、4両編成。2号車はラウンジになっており、お酒を楽しめるバーカウンタがあります。(座席なし)乗車席は1号車、3号車、4号車になります。

【1号車】
海側は、2人専用のカウンター席。山側は2人専用の向い合わせ席。山側の席は段差になっているので、海を眺めることもできます。

【3号車】
グループや家族連れにピッタリなコンパートメント席。全室海側に面しています。入口には暖簾がかかっているので、ちょっぴりプライベート感があるのも魅力です。

【4号車】
一般的な回転式リクライニングシートと固定式ボックスシートです。スペースが広いので、足を伸ばしてゆっくりくつろぐことができます。

その2:人気レストランのシェフによる絶品料理が堪能できる

瞳さん(@hiruru)がシェアした投稿


提供:Instagram hiruru
伊豆クレイルの食事は、専用のボックスに、事前に調理された食事を詰め合わせた特製のフレンチ弁当。東京・目黒にある人気フレンチレストラン「モルソー」のオーナーシェフが監修しています。上りと下りでメニューも変わってくるので、できる事なら両方味わいたいですよね。※時期によってメニューの内容は変わります。

●往路(小田原→伊豆急下田)
小田原発の下り線の時は、平塚のフレンチ「アッシュ×エム」が手掛けるランチボックス。中には伊豆の食材を使った料理8品、デザートメニューが2品。伊豆の地ビールやコーヒ―もついてきます。

●復路(伊豆急下田→小田原)
下り線は、稲取の金目鯛や駿河湾のサクラエビなど、地元の名産を使った料理が6品。ミネラルウオーターやコーヒ―が付いてきます。こちらは伊豆今井浜東急ホテルが手掛けています。
  • その3:バーカウンターでお酒と音楽を楽しめる

    2号車のバーカウンターでは、お酒の他にも物販や箱根のベーカリーパンが販売されています。また、邦楽や洋楽などのミニライブも日替わりで開催されています。景色にお酒に音楽……まさに大人のための列車ですよね。

    伊豆クレイルの停車駅

    伊豆クレイルが止まる東伊豆のすすきの原
  • 伊豆クレイルは、熱海、伊東、伊豆高原、伊豆熱川、伊豆稲取、河津など、伊豆の観光名所の最寄りの駅に停車してくれます。
  • ▼伊豆熱川のおすすめ観光スポットはこちら!
  • [my_related_posts id=’2484′][my_related_posts id=’1423′]
  • ▼伊豆稲取のおすすめ観光スポットはこちら!
  • [my_related_posts id=’671′][my_related_posts id=’700′]
  • 伊豆クレイルの料金・予約について

  • 出典:写真AC
  • 1号車と3号車は、座席と食事がセットになっており、旅行商品としてびゅうで販売されています。切符での乗車や座席のみの利用ができません。
  • 4号車は食事が付かないため、座席のみの「切符」での販売になります。乗車券とグリーン車指定席券で乗車することができ、全国のJRの主の駅、JR旅行センターや旅行会社で購入することが可能です。

    小田原・熱海発着プラン

  • 伊豆クレイルを片道で利用できるプラン。ランチセットが付く往路は、小田原発で1,4000円から。カフェセットが付く復路は小田原着で9,400円となります。
  • 日帰りプラン

  • 伊豆クレイルと通常の特急を組み合わせたプラン。下田市で使えるクーポンが付いてきます。
  • ▼下田市のおすすめ観光スポットはこちら!
  • [my_related_posts id=’2420′][my_related_posts id=’1543′]
  • 宿泊プラン

  • 往復もしくは往路(復路)に伊豆クレイルを利用し、さらに伊豆の宿がセットになったプラン(1泊2日のみ)。宿は全部で13施設あります。
  • プランの中でも、往路や復路、乗車駅や降車駅、利用する宿などによって料金は変わってきますが、片道のみの場合は、1万円前後。宿泊プランはおよそ3~7万円代です。詳しくは公式HPをご確認ください。
  • 「列車の旅」を楽しむなら伊豆クレイル

  • 伊豆クレイルでいく下田
  • 出典:flickr 4510waza
  • 現地に着くまでの過程を楽しむことで、より深く伊豆の魅力に触れてもらう。伊豆クレイルによって”新しい伊豆の楽しみ方”が生まれました。
  • 列車からしか見れない絶景、絶品のフレンチ料理、伊豆の地酒にビール、音楽……。伊豆クレイルは、まさに大人が主役の列車です。この週末は、伊豆クレイルに乗ってのんびり優雅な列車旅を楽しみませんか?
  • [my_related_posts id=’3408′][my_related_posts id=’2961′][my_related_posts id=’1425′][my_related_posts id=’1217′][my_related_posts id=’1543′]
 

伊豆クレイルと夜
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード